『キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル』のすべてが分かる!歴史・性格・大きさ・寿命・毛・価格

『キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル』のすべてが分かる!歴史・性格・大きさ・寿命・毛・価格

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
これでキャバリア・キング・チャールズ・スパニエルの全てが分かるアイキャッチ画像

小柄で美しい容姿と、とても人懐っこい性格で愛されてきたキャバリア・キング・チャールズ・スパニエル。そんなキャバリア・キング・チャールズ・スパニエルに関するさまざまな情報をまとめてみましたので、気になるカテゴリをクリックしてみてください。

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルの歴史

時代とともに容姿がだんだんとかわってしまったキング・チャールズ・スパニエルを中世の姿に戻そうと改良されたのが、このキャバリア・キング・チャールズ・スパニエルです。

18世紀ごろ、イギリスの王室では小さいスパニエルを飼う習慣がありました。この頃のスパニエルは長い口もとを持った犬でした。寝るときに足元を温めたり、ノミから飼い主を守ったりとその忠誠ぶりから愛されるようになったと言われています。その中でも、当時イギリスの国王だったチャールズ2世は、国の仕事をおろそかにして犬と遊んだりしたほど、当時飼っていたスパニエルをとても愛していました。人々は、この溺愛っぷりをからかって、この口もとの長いスパニエルは「キング・チャールズ・スパニエル」と呼ばれるようになります。

19世紀に入ると、東洋から短い口もとを持った短吻種(たんふんしゅ)である、パグや狆(ちん)などがイギリスに輸入され、人気が高まっていきました。それと同時に、口もとの長い犬の人気が落ち、短吻種と掛け合わされていきます。その結果、チャールズ2世がとても可愛がっていたキング・チャールズ・スパニエルも短吻種のスパニエルとなってしまいました。

しかし、口もとの長いキング・チャールズ・スパニエルがほとんどいなくなってしまったことに悲しんだ人たちが集まり、中世にいた、長い口のキング・チャールズ・スパニエルに戻そうと、運動が起こります。その中でも、当時ロズウェル・エルドリッチというアメリカ人がイギリスを訪れた時に、長い口のキング・チャールズ・スパニエルに戻した人に賞金を与える、としたことから、繁殖家たちの動きに火をつけます。はじめは賞金のため、と熱くなっていた人たちも、次第に口もとの長いキング・チャールズ・スパニエルの良さを認識しはじめました。こうして生まれ変わったのが『キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル』です。この名前は、『中世』にこだわった運動であったことから、中世の騎士を意味する『キャバリア』という言葉に由来しています。

昔からイギリスにいた犬の種類ということもあり、現在でもイギリスでの人気は不動のものです。しかし、アメリカン・ケネル・クラブに登録されたのは1996年と最近なので、これからの人気を見守っていきたい犬の種類のひとつです。

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルの性格

愛玩犬として愛されたこともあり、人懐っこく、おだやかで、明るい性格をしています。とても社交的で、散歩中になかよくなった犬や子どもと仲良くできます。遊ぶことが大好きで、散策したり、物を追いかけたり、匂いをかいだりと好奇心旺盛な一面もあります。

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルの大きさと体重

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルは、小型犬の扱いになります。犬の高さの基準となる、体高と呼ばれる足の裏から肩の骨の出っ張っているところまでの高さは、オスとメスともに約31〜33cm程度になります。体重については、こちらもオスとメス同様に約5〜8kg前後が目安になってきます。この基準より、重すぎたり軽すぎる場合には、健康に影響が出る場合があるので、体調には気をつけてあげてください。

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル以外の小型犬が気になる方は、コチラから探してみてください。

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルの運動量

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルは、遊び好きですが、小型犬なのでそこまでの運動力を必要としません。しかし、太りやすいので毎日の散歩は必要となってきます。毎日20〜30分の散歩に連れていってあげてください。また、散歩の途中で何かしらの遊びをすると喜んでくれるでしょう。

散歩の目安ですが、普段からはしゃいでヤンチャをするようであれば、今よりも散歩量を長くしてあげましょう。逆にグタッとしていることが多ければ、運動量が多いのかもしれません。そのバランスを見きわめて、少しでも健康を維持して長生きをさせてあげてください。

また散歩は、運動量を消化するだけではなく社会への繋がりであったり、あなたとの大事なコミュニケーションの時間にもなります。トラブルを防いだり、あなたとの信頼関係を築くことにより、言うことも聞きやすくなるので、そういった意味でも大切にしてあげてください。

散歩の仕方についてはコチラが参考になると思うので、ぜひ参考にしてみてください。

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルの毛

毛の色は、ツヤのある黒をベースに、黄色がかった褐色の『タン』が、目の上、ほっぺた、耳の裏、胸や脚、しっぽの裏にある『ブラック・アンド・タン』、全身が赤い『ルビー』、白地に栗色のまだら模様が頭にある『ブレインハム』、白地に黒と茶色のまだら模様がある『トライカラー』があります。ちなみに、色と関係のなさそうな『ブレインハム』は、昔この色のキャバリア・キング・チャールズ・スパニエルを飼っていた、マールボロ公が住んでいたお城が『ブレインハム』という名前だったことに由来しています。

毛の質は、絹のようになめらかツヤのある上の毛と、やわらかい下の毛を持っており、このように二層からなる毛を『ダブルコート』と言います。長さはミディアムヘアーで、ストレートのものと少しウェーブがかったものがいます。

毛の手入れの方法について、キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルは毛の質でも述べた通り『ダブルコート』の犬の種類であるため、抜け毛が多く出てしまいます。しかし、ツヤのある美しい毛並みを保つためには、毎日のブラッシングが必要になってきます。大人になってから毛の手入れをしようとすると、嫌がる子が多く、なかなか思い通りにブラッシングさせてもらえません。小さいころからブラッシングに慣れさせることが大事なので、ぜひ以下のブラシを用意してあげてください。それぞれ、Amazonで一番人気があるであろうものを探しておいたので、これを機に揃えてみるのも良いかと思います。

①ピンブラシ

先端に丸いガードが付いているブラシです。肌を傷つけずに絡まった毛や抜け毛を取ることができます。ブラシを軽く持ち、ブラシの重さだけでとかすようにブラッシングをしてあげてください。

②コームブラシ

ブラッシングの最後の仕上げに使ってあげましょう。ピンブラシに付いた毛を取り除くこともできるので、何かと役に立つ一本なのでぜひ揃えておきたいところです。

③スリッカーブラシ

引っかいて皮膚にキズをつけないように、優しく持ってなでてあげるようにブラッシングしてあげてください。大量に毛がたまりますので、たまったらコームブラシで剥ぎとってゴミ箱に捨ててください。

シャンプー・お風呂について、キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルは月に1~2回が一番いいと言われています。それよりも少なすぎると不潔になってしまい病気の可能性が高くなり、逆に多すぎると皮膚を痛めてしまいます。シャンプー・お風呂の入れ方については、コチラで詳しく説明しておりますので、ぜひ一度読んでみてください。

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルの寿命

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルの平均寿命は、9歳から14歳と言われています。日本では、21歳生きた例も見つかっているようなので、少しでも健康で長くいきてもらうために、心がけたいですね。

犬の年齢についてもっと詳しく知りたい方はコチラに犬年齢計算機を用意しましたので、ぜひ一度調べてみてください。

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルがかかりやすい病気

犬種というものは、ミックス犬(雑種)とは違い、同じ犬の種類同士の子供が生まれるので、かかり易い病気が決まってきます。

特に気をつけたいのが、心臓の弁がうまく働かず血液の循環に問題がおこってしまう『僧帽弁閉鎖不全症(そうぞうべんへいさふぜんしょう)』です。キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルは、人気がある犬種のため、集中的な交配によって遺伝的にこの病気にかかりやすくなってしまいました。

また、その他に多いものとしては、ひざのお皿と言われている骨が脱臼してしまう『膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)』があり、特にフローリングなどで飼育している場合は注意が必要です。他には、体の中で処理されなかった糖が尿にまざって出てきてしまう『糖尿病(とうにょうびょう)』や、耳の中にある音の通り道に炎症が発生してしまう『外耳炎(がいじえん)』があります。糖尿病についてはコチラを、外耳炎についてはコチラを参考にしてみてください。

それぞれの病気の対処方法については、別カテゴリで追ってまとめていきたいと思います。

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルの引き取り価格

引き取り価格は、だいたい10~25万円程度になることが多いようです。値段は、『体の大きさ』『性別』『毛色』『血統』『年齢』『購入場所』などによって変わってきます。

『体の大きさ』を見てみると、キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルの理想の体重に近い方が価格は高くなり、離れていくほど価格は低くなっていきます。

『性別』を見ると、メスは子供を出産することが出来るので、オスよりも数万円高くなる傾向があります。

『毛色』を見てみると、キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルは、他の要素の方が影響が大きいので、色によって大きく左右することはありませんが、『ブラックアンドタン』『ルビー』『トライカラー』『ブレインハム』の順で価格が決まることが多いようです。

『血統』を見てみると、ドッグショーなどで活躍した犬の子供は高くなる傾向があります。片方の親がチャンピオンなどでも価格はかなりあがりますが、両方がチャンピオンなどの場合は、さらに高くなります。

『年齢』を見てみると、生まれてから2ヶ月くらいまでは一定の価格を維持しますが、それを超えてくると下がってきます。しかし、ネットで探すことのできる2ヶ月未満で価格が表示されている子犬は、お金を払えばすぐに引き取ることができるものではなく、実際のところ生後2ヶ月後に引き取るための『予約』という形になります。その理由は、2ヶ月以内の引き渡しは親や兄弟から犬の社会行動を学ぶ機会がなくなり、問題行動が多くなってしまったために、2013年に『改正動物愛護管理法』という法律が改定され、どの犬も生まれてから56日目(一時的に45日もしくは49日)までは、販売することができなくなったことによります。

『購入場所』を見てみると、大体の方はペットショップから購入していると思いますが、ペットショップはブリーダーさんから犬を引き取っています。そこに利益が上乗せされるので、通常の場合は、ブリーダーさんから直接仕入れた方が価格が低くなるといっても良いでしょう。

当然ながらキャバリア・キング・チャールズ・スパニエルは『生き物』であり『物』ではありません。テレビで見たから欲しくなった、知り合いのキャバリア・キング・チャールズ・スパニエルがかわいいから飼いたいなど、動機は自由ですが、引き取るからには、家族として最初から最後までお互いが幸せな人生を送れるようにしましょう。

新しく犬を飼うことを検討されている方は、ぜひ『犬を飼う前に知っておくべきこと』を読んでみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログを購読する

ご意見・ご感想

必須項目が入力されていません。
以上で送信
『ご意見・ご感想』ありがとうございました!
入力して頂いた内容は、今後の参考とさせて頂きます。今後も『いぬまとめ』をどうぞよろしくお願い致します。
いぬまとめチーム