犬の『クッシング症候群』の原因と対処法

犬の『クッシング症候群』の原因と対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
犬がぐったりしているイメージ画像

犬のクッシング症候群の症状

進行すると命に関わるとても危険な病気です。早期発見が非常に重要になりますが、犬の老化にしたがって引き起こしやすく、トイレの回数が多くなったりという初期症状のため、老化現象と間違えて気づかないことがあります。

『クッシング症候群』の症状としては、以下のようなものがあります。

  • エサをたくさん食べる
  • 水を飲む回数が増える
  • トイレの回数が増える
  • 息切れしやすくなる
  • お腹が大きくなる
  • 毛のツヤが無くなる
  • 毛が不自然に抜ける

また、クッシング症候群を放置していると以下のような病気を引き起こす可能性もあります。

  • 膵炎
  • 糖尿病
  • 糖尿病
  • 腎不全
  • 感染症
  • 皮膚炎
  • 膀胱炎

おかしいと思ったら、すぐに獣医さんに診てもらってください。本当にクッシング病の可能性があれば、検査が何度か必要になり、それなりの費用もかかってきます。

犬のクッシング症候群の原因

クッシング症候群は、副腎から出るコルチゾールというホルモンが、本来の必要量より多く分泌されてしまうことにより起こります。多く出てしまう原因としては、以下のパターンに別けることができます。

脳の腫瘍によって

副腎をコントロールしているところは、脳の中にある脳下垂体(のうかすいたい)という部分です。ここに腫瘍ができてしまうと、コルチゾールが本来の必要量以上に分泌されて引き起こしてしまいます。クッシング症候群のほとんどが、このパターンです。

副腎の腫瘍(しゅよう)によって

副腎そのものに腫瘍(しゅよう)ができてしまうパターンです。クッシング症候群の中では、少ない方のパターンです。

『ステロイド』の突然の使用中止によって

アトピー性皮膚炎などで『ステロイド』を使っている方が、突然使用を中止すると起こります。そのため、絶対に自分だけの判断で突然使用を中止せずに、獣医さんと相談してください。また、突然使用を中止するとクッシング症候群だけではなく、『アジソン病』という病気になる可能性もあります。

その他の原因によって

クッシング症候群は、ほとんどが上で紹介した原因によって起こります。しかし、その他の珍しいパターンとして、食事の依存症から引き起こされるパターンや、クッシング症候群の直接的な原因であるコルチゾールが副腎とは別の部分で分泌されてしまうことによって引き起こされるパターンもあります。

犬のクッシング症候群の治療法と費用

治療をする前に、クッシング症候群であるかどうか調べる検査をする必要があります。病院や必要な検査が犬によって違いますが、おおよそ約1~6万円の費用がかかります。

食事を改善する

クッシング症候群になると、水分が大量に必要なってくるので、水はしっかりと飲まさせてください。また、低脂肪で高タンパク質の食事を与えると進行が遅くなります。

薬を使う

クッシング症候群の一般的な治療法と言えます。トリロスタンやデパソンという比較的高価な薬を使う必要があり、犬の大きさにもよりますが、月に約1~5万程度がかかってきます。

薬の使用をやめる

アトピー性皮膚炎などの治療でステロイドを使っている場合は、徐々に使用をやめていきます。いきなりやめてしまうと、今度は『アジソン病』などの違う病気を発症する可能性があるので、かならず獣医さんと相談のうえで使用をやめていってください。

手術する

副腎の腫瘍が原因の場合は、他に多く転移していない限りは手術をすることが可能です。しかし、この手術を行ったとしても必ずしも良くなるわけではありません。費用としては、一回の手術に約10~15万円がかかります。

放射線を使う

脳の腫瘍が原因の場合は、手術をすることが難しい場合も多々あるので、放射線治療をおこないます。しかし、全国で放射線治療ができる病院は少なく、また費用も回数にはよりますが、約50万円程度と非常に高くなります。

クッシング症候群になりやすい犬の種類

『クッシング症候群』にかかりやすい犬の種類を『アイウエオ順』にリストアップしてみました。ここにリストアップした犬の種類は、高い確率で『クッシング症候群』にかかりやすいので、定期的に獣医さんの診断を受けて早期の発見を目指しましょう。

  • アイリッシュ・ソフトコーテッド・ウィートン・テリア
  • アメリカン・スタッフォードシャー・テリア
  • アメリカン・ピット・ブル・テリア
  • ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリア
  • ウェルシュ・テリア
  • エアデール・テリア
  • オーストラリアン・テリア
  • グレン・オブ・イマール・テリア
  • ケアーン・テリア
  • ケリー・ブルー・テリア
  • シルキー・テリア
  • ジャック・ラッセル・テリア
  • ジャーマン・ハンティング・テリア
  • シーリハム・テリア
  • スカイ・テリア
  • スコティッシュ・テリア
  • スタッフォードシャー・ブル・テリア
  • スムース・フォックス・テリア
  • ソフトコーテッド・ウィートン・テリア
  • ダックスフンド
  • ダンディ・ディンモント・テリア
  • チェスキー・テリア
  • チベタン・テリア
  • トイ・フォックス・テリア
  • トイ・マンチェスター・テリア
  • 日本テリア
  • ノーフォーク・テリア
  • ノーリッチ・テリア
  • パーソン・ラッセル・テリア
  • ブラック・ロシアン・テリア
  • プードル
  • ベドリントン・テリア
  • ボストン・テリア
  • ボーダー・テリア
  • ポメラニアン
  • マンチェスター・テリア
  • ブル・テリア
  • ヨークシャー・テリア
  • レークランド・テリア
  • ワイヤー・フォックス・テリア

最後に

以上、犬の『クッシング症候群』の原因と対処法でした。

『いぬまとめ』では、犬についての症状についてなるべく正しい情報を詳しく解説しようと思っていますが、この記事を元に犬の症状が悪化した場合や、その他の変化があったとしても、大切な家族に対して責任を負うことはできません。素人が判断するのは危険なことも多々あるので、最終的には飼い主であるあなたが責任をもって獣医さんと相談してみてください。

もしこの症状についてお気づきの点やご質問がある場合は、遠慮なく『いぬまとめ』までお問い合わせください。我々は今後も『より良い犬と人の関係』のために尽くしていきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログを購読する

ご意見・ご感想

必須項目が入力されていません。
以上で送信
『ご意見・ご感想』ありがとうございました!
入力して頂いた内容は、今後の参考とさせて頂きます。今後も『いぬまとめ』をどうぞよろしくお願い致します。
いぬまとめチーム