犬の『糖尿病(とうにょうびょう)』の原因と対処法

犬の『糖尿病(とうにょうびょう)』の原因と対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
犬の糖尿病(とうにょうびょう)のイメージ画像

『糖尿病(とうにょうびょう)』は、体の中で処理されなかった糖が尿にまざって出てくる病気です。「インスリン依存型糖尿病(Ⅰ型糖尿病)」と「インスリン非依存型糖尿病(Ⅱ型糖尿病)」の2種類があり、犬に多く見られるのは前者です。初期症状に気付きにくいにも関わらず、静かに着実に進行していき様々な合併症を引き起こしてしまいます。『糖尿病』は進行してしまうと残念ながら完治することはありません。しかし、初期症状の場合は早期発見・早期治療により進行をおさえることが出来るので、以下の症状が見られた場合には、遠慮せずに獣医さんに診てもらいましょう。

犬の『糖尿病』の症状

ここでは『糖尿病(とうにょうびょう)』の症状について説明したいと思います。初期状態では、以下のような症状があらわれます。

  • エサをたくさん食べる
  • 水を飲む回数が増える
  • トイレの回数がふえる
  • たくさん食べてもやせてくる

症状が進行すると、以下のような症状が現れます。また、糖尿病が進行すると『糖尿病性ケトアシドーシス』という状態になり、以下のような症状が現れます。

  • 吐く
  • 食欲がなくなる
  • 以前よりも元気がなくなる
  • 口から甘酸っぱい匂いがする

他にも、白内障や膀胱炎、再発性皮膚炎などが合併症として起こることがあります。進行すると命に関わることもあるので、少しでも気になったら、獣医さんに診てもらってください。

犬の『糖尿病』の原因

『糖尿病』は、食べ物から摂取した糖を細胞に吸収させるのに必要な『インスリン』というホルモンの働きが悪くなることが原因で起こります。『糖尿病』には2種類あり、それぞれで原因が少し違ってきます。インスリンが分泌されなくなると『インスリン依存型糖尿病(Ⅰ型糖尿病)』というものになります。インスリンが分泌されなくなる理由は明らかにはなってませんが、遺伝や肥満、その他の要因が合わさっておこると考えられています。

また、インスリンが分泌されていても、細胞に糖を吸収させるという働きが弱くなると『インスリン非依存型糖尿病(Ⅱ型糖尿病)』というものになります。

肥満によって

食べ過ぎや早食いは、短時間で『インスリン』が大量に出てしまいます。すると、インスリンに対する細胞の反応が鈍くなり、糖を吸収できなくなってしまいます。すると血の中の糖が多くなり『糖尿病』になります。また、運動不足になると、血の中の糖が消費されず糖尿病になりやすいです。

加齢によって

年をとると基礎代謝が減ってくるので、エサの量や内容によっては肥満につながって『糖尿病』を発症しやすくなります。犬年齢で6〜10歳の犬に多く見られます。

生まれつき

オスよりもメスのほうがかかりやすく、これはメスの性ホルモンが関係しています。個体差として膵臓(すいぞう)が弱かったり、遺伝的にすい臓が弱いことで『糖尿病』になりやすい犬の種類もいます。コチラにまとめたので、よければ参考にしてみてください。

犬の『糖尿病』の治療法と費用

『糖尿病』は発症すると、一生涯かけて付き合わなければならない病気です。症状によって治療や費用も変わってきますが、一般的には以下のような治療が行われます。

インスリンによって

インスリンを注射で与える治療が一般的です。これによって、血中の糖の量を安定させます。残念ながら『糖尿病』は完全に治る病気ではないので、一生涯インスリン注射をうちつづける必要があります。費用は、犬のサイズや症状によって変わりますが、使い捨て注射1本約50円、約6ヶ月もつ瓶は1本約1万円です。インスリンは与えすぎる『クッシング症候群』を起こしてしまう場合もあるので、獣医さんとよく相談をして、量や回数を必ず守るようにしましょう。

クッシング症候群の詳しい情報については、コチラを参考にしてみてください。

食事を改善する

食事での血中の糖の量をなるべくおさえて、インスリン注射でのコントロールをしやすくする目的で行われます。血の中の糖が急激にふえないよう、消化スピードが違う組み合わせをした食事や、ゆっくりと消化される食物繊維を取り入れたりします。インスリン注射と並行で行われる場合が多いので、食事内容や量は獣医さんと相談して与えるようにしましょう。

診断で食事の改善をすすめられた場合は、食物繊維の多いドッグフードがおすすめです。Amazonで評価の高いものを探してみたので、良ければ参考にしてみてください。ドライとウェットがありますが、犬の好みのもので大丈夫です。

運動をする

血の中の多すぎる糖を減らす目的で取り入れられます。インスリン注射と並行で行う場合は、獣医さんとよく相談してください。

『糖尿病』になりやすい犬の種類

『糖尿病(とうにょうびょう)』にかかりやすい犬の種類を「アイウエオ順」にリストアップしてみました。ここにリストアップした犬の種類は、高い確率で『糖尿病』にかかりやすいので、6歳ごろから定期的に獣医さんの診断を受けて早期の発見を目指しましょう。

  • キースホンド
  • ケアーン・テリア
  • ゴールデン・レトリーバー
  • ジャーマン・シェパード・ドッグ
  • トイ・プードル
  • ビーグル
  • プーリー
  • ミニチュア・ダックスフンド
  • ミニチュア・ピンシャー
  • マルチーズ

最後に

以上、犬の『糖尿病』の原因と対処法でした。

『いぬまとめ』では、犬についての症状についてなるべく正しい情報を詳しく解説しようと試みています。しかし、この記事を元に犬の症状が悪化した場合や、その他の変化があったとしても、大切な家族に対して責任を負うことはできません。素人が判断するのは危険なことも多々あるので、最終的には飼い主であるあなたが、責任をもって獣医さんと相談してみてください。

もしこの症状についてお気づきの点やご質問がある場合は、遠慮なく『いぬまとめ』までお問い合わせください。我々は今後も『より良い犬と人の関係』のために尽くしていきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログを購読する

ご意見・ご感想

必須項目が入力されていません。
以上で送信
『ご意見・ご感想』ありがとうございました!
入力して頂いた内容は、今後の参考とさせて頂きます。今後も『いぬまとめ』をどうぞよろしくお願い致します。
いぬまとめチーム