犬の『食物アレルギー』の原因と対処法

犬の『食物アレルギー』の原因と対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
犬の『食物アレルギー』の原因と対処法まとめのアイキャッチ画像

犬も人間と同じように食べ物に対してアレルギーを持つことがあります。小さな頃から食べ物にアレルギー反応が出る場合もありますし、同じブランドのドックフードを長いあいだ食べつづけていると発症してしまうこともあります。

そんな犬の『食物アレルギー』について、原因と対処法についてまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。また、犬の食物アレルギーの疑いがある方は、この記事だけで決め付けるのではなく、必ずかかりつけの獣医さんと相談してください。

なお、食物アレルギーは『食餌アレルギー』や『食品アレルギー』と呼ばれることもありますが、ここでは分かりやすく『食物アレルギー』で統一しています。

犬の食物アレルギーの症状

犬の食物アレルギーによる代表的な症状をリストアップしてみたので、一度確認してみてください。

  • 痒がるような仕草をする
  • 目・耳のまわり・脇・お腹・股が赤くなる
  • フケが多く出る
  • 毛が不自然に抜ける
  • 吐く
  • 下痢をする
  • トイレの回数が多くなる

特に体の一部に赤みが出てくるようであれば、ハウスダストなどによる『アトピー性皮膚炎』の可能性が高く、全身に出てくるようであれば『食物アレルギー』の可能性が高いと言えます。アトピー性皮膚炎と食物アレルギーを同時に持つ場合もかなりあるので、どちらにしてもかかりつけの獣医さんに一度相談してみてください。

また、食物アレルギーと似たものに『食物不耐性(しょくもつふたいせい)』と呼ばれるものがあります。食物不耐性は、免疫による反応ではなく口にするとすぐに反応が出ます。

また通常のアレルギー反応であれば、命に関わることはありませんが、たまにアレルギー反応が強くでてしまう『アナフィラキシーショック』になってしまうと、症状は一気に変わります。代表的なものは以下のものとなります。これらの疑いが少しでもある場合は、ただちに獣医さんのところに連れていってください。

  • いつもより息が荒くなる
  • 意識がなくなる
  • 吐く
  • 意図せずにトイレを漏らす
  • 体の一部が動かなくなる

犬の食物アレルギーの原因

食物アレルギーの原因は、名前の通り食べるものが合わないことによって起こります。詳しく説明していきます。

食物アレルギーの原因物質を食べることによって

食物アレルギーの原因となる物質が入っている食べ物のタンパク質や炭水化物を口にすることによって引き起こされます。原因物質として報告が多いものをリストアップしてみました。

  • 鶏肉
  • 牛肉
  • 豚肉
  • ラム肉
  • 乳製品
  • 大麦
  • 小麦
  • 大豆
  • トウモロコシ
  • 食品添加物

この中でも特に小麦は、原因物質になることが多いとの報告があります。アレルギーにかからないために、リストアップしたものすべてを避けると今度は栄養バランスが崩れてしまいます。そうならないためにも、まずは病院で原因となっている物質を特定して、それを避けながら健康な食生活を送ってください。

消化器官の粘膜(ねんまく)が傷つくことによって

消化器官の粘膜に傷がついてしまうと、消化されていないタンパク質が直接からだの中に入ってくるので、一次的に食物アレルギー反応を起こしやすくなってしまいます。

犬の食物アレルギーの治療法と費用

犬の食物アレルギーの症状のところでも説明したとおり、食物アレルギーと同時に『アトピー性皮膚炎』になっている犬もかなりの割合で存在しているので、まずはかかりつけの獣医さんに相談して、アレルギーの原因を特定します。

特定する方法としては、『血液検査』などの基本的な検査によって可能性を絞り込んでいき、実際に可能性のある物質を取り除いた『除去食(じょきょしょく)』を使った試験をして原因を特定していきます。費用としては、検査の部分で1~3万円程度になることが多く、除去食については使ったものに応じて変わっていきます。

食生活を改善する

原因となる物質が特定できれば、それを取り除いた食事を与えていきます。同時に栄養バランスを考えることが重要になってきます。犬のために栄養バランスを考えて、自分で作るのも一つの手ですが、専門的な知識もかなり必要となり簡単なことではありません。そういった場合は、アレルギー対策がされているドックフードを与えることが考えられます。Amazonで一番人気があるものを探してみたので、参考にしてみてください。

また普段の生活では、おやつもよく与えると思います。そこで、アレルギー対策がされたおやつもAmazonで一番人気のものを探してみました。こちらも合わせて参考にしてみてください。

腸内(ちょうない)フローラを改善する

最近、人間のあいだでアレルギー対策として話題になっている『腸内(ちょうない)フローラ』、実は犬も同じく持っています。その中で、大事だと言われているのは、『善玉菌』と『悪玉菌』そして『日和見菌(ひよりみきん)』と呼ばれている腸内にいる細菌の数のバランス。もっとも体を健康に保つと言われているのが、善玉菌2割、悪玉菌1割、日和見菌7割という比率です。

腸内細菌を整えるための食べ物はいくつかありますが、簡単で問題が起こる可能性が少ないのは、サプリメントのように与えることができる『新ビオフェルミンS』を使うことです。ここで間違えないように注意して欲しいのが、ビオフェルミンは関連商品がいろいろとあり、その中で『新ビオフェルミンS』だけが、薬ではなくサプリメント的な役割をしてくれるということです。しかし、用法容量を考えずに与えてしまうと逆に体を悪くしてしまうので、まずはかかりつけの獣医さんと相談してから与えるようにしてください。

その他にもチーズや納豆などを食べさせることによって腸内細菌を整えることができますが、乳製品アレルギーや大豆アレルギーの犬もいたり、塩分がかなり多く含まれていることもあるので、人間用のものを与えるのは、あまり良い方法とはいえません。

食物アレルギーになりやすい犬の種類

通常であれば、食物アレルギーにかかりやすい犬の種類をリストアップするのですが、食物アレルギーの場合、特にどの犬の種類がなりやすいといったことはありません。あなたの飼っている犬がなることも十分にあり得ますので、普段から食事の様子には注意をしてください。

最後に

以上、犬の『食物アレルギー』の原因と対処法でした。

『いぬまとめ』では、犬についての症状についてなるべく正しい情報を詳しく解説しようと試みています。しかし、この記事を元に犬の症状が悪化した場合や、その他の変化があったとしても、大切な家族に対して責任を負うことはできません。素人が判断するのは危険なことも多々あるので、最終的には飼い主であるあなたが、責任をもって獣医さんと相談してみてください。

もしこの症状についてお気づきの点やご質問がある場合は、遠慮なく『いぬまとめ』までお問い合わせください。我々は今後も『より良い犬と人の関係』のために尽くしていきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログを購読する

ご意見・ご感想

必須項目が入力されていません。
以上で送信
『ご意見・ご感想』ありがとうございました!
入力して頂いた内容は、今後の参考とさせて頂きます。今後も『いぬまとめ』をどうぞよろしくお願い致します。
いぬまとめチーム