犬が熱中症に!症状・予防方法・対策グッズ・原因

犬が熱中症に!症状・予防方法・対策グッズ・原因

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
熱中症対策のアイキャッチ画像

暑い季節、人間の熱中症対策はずいぶん意識が進んできました。

ところで、ワンちゃんの熱中症対策は、大丈夫ですか?犬は一般的に寒さには強く、暑さには弱い動物です。そのうえ、人間に言葉で意思を伝えられない犬たちのためには、飼い主さんが熱中症予防をしてあげる必要があります。

以下は車内に残された犬がどうなるのかを行った実験動画です。実験のために使われたのは氷像ですが、ものの数分で溶けて消えてしまいます。高温の恐ろしさや夏場の車内に放置してしまう危険性を示しています。

また、以下は損害保険会社アニコムが集計した月毎の熱中症発生件数です。

熱中症の発生率

出典:アニコム

犬の熱中症は、暑くなり始める4月ころから9月ころまで多く発生しています。最も多く発生しているのは、7月、8月ですが、暑さに体の慣れていない5月ころも要注意です。近年の研究の結果、犬の熱中症の発症率が増えるのは、環境気温22℃以上、湿度60%がひとつの目安になるとわかってきました。「うちの犬は元気だから心配ないわ。」なんて油断をせずに、早い時期からしっかり熱中症対策の知識をつけていきましょう。 

 犬は熱中症にかかりやすい

犬と人間を比べてみると、人間が皮膚全体の温度を高くして体内の熱を外に逃せるのに対し、犬の皮膚は毛皮に覆われており、皮膚から熱を逃がしにくくなっています。また、暑い時、人間は汗を蒸発させて体温を下げ、体温調節をしています。ところが、犬は肉球の裏に汗腺があるだけなので、身体に汗をかくことができません。その代わり、舌を出して唾液で熱を発散させています。人間が汗をかくように、犬は口を開けてハァハァと体温を下げているのです。しかし、全身で汗をかける人間と違い、口という小さな部分からしか体温を下げられない犬は、すぐに熱を体内に溜め込んでしまいます。

このように、犬は体の内部の熱を外に逃がすことが、とても苦手な動物です。人間以上に、熱中症に気をつけてあげる必要があるのを、忘れないようにしてください。

熱中症の原因

日常で熱中症を引き起こしやすい要因をいくつかご紹介します。それぞれどのようなものか、みていきましょう。

暑い日の散歩

気温が高い日の外出時に地面に近いところを歩く犬は、地面からの反射熱も受けることになります。天気が良い日、アスファルトはかなりの高温になっているので、「外を歩くとき犬は人間以上に暑さを感じている」という事を忘れないでください。

また、前日より急激に気温が上がった日も、身体がうまく順応していないため危険です。季節の変わり目で暑くなり始めた時期や、熱波が襲来しているときも熱中症になりやすいです。気温がそれほど高くなくても、湿度が高い日、風の無い日も体温が下がりにくく、熱中症の危険が高まります。気温がそれほど高くなくても、強い日差しを受けることも、熱中症の原因になりえます。

締め切った車内での放置

犬の熱中症の原因で、最も多いのは車の中での留守番です。たとえ窓を開けていたとしても、走ってきたエンジン熱や日光で既に外よりも暑い状態となってしまっています。動物愛護団体PETAによると、外の気温が32度を超えると、4分後、車内温度は40度に、8分後には49度にまであっという間に上がってしまい、危機的状況になるそうです。

以下は車に放置されて危機的状態だった犬を通りすがりの男性が助け出した動画です。

暑い場所での屋外飼育

屋外飼育の場合、犬が生活するスペースは涼しく快適になっているか、犬の視線で確かめてみてください。冬場と同じ飼育環境では、暑すぎるかもしれません。強い陽射しがさしたり、風通しが悪いと熱気が貯まります。室内で飼育している場合も、油断は禁物です。高気密の建物や締め切った室内では、室温がとても高くなることもあります。

激しい運動

激しい運動や慣れない動きは、犬の体温を上昇させます。また、遊ぶのや散歩が好きだからといって、あまりに長時間外にいると、身体の内部に熱が蓄積されていきます。屋外、屋内ともに水分補給せずにいると、体内の水分が減り体温調節ができなくなることがあります。

犬の個性・属性

犬には熱中症になりやすい犬種や属性があります、ただし、その条件に当てはまらない犬が熱中症にならないというわけではありません。どんな犬でも、熱中症になる可能性があることは忘れないでください。

熱中症になりやすい犬種

①マズルの短い犬

犬は、呼吸し空気を取り込むことによって体内を冷やしています。 パグシーズー、ペキニーズ、ブルドッグ、ボストン・テリア、ボクサーといったマズルの短い犬種は、口から熱を逃がすことがむつかしく熱中症になりやすい傾向があります。

②北方の犬

シベリアン・ハスキーやサモエドなど北方原産の犬は、暑さに弱い傾向があります。

③ダブルコートの犬

被毛が下毛(アンダーコート)と、上毛(オーバーコート)の二重構造になっているダブルコートの犬の下毛は、寒さから体温を保ってくれます。暑い季節には不要となる下毛が抜けるはずですが、抜けないまま暑い季節を迎えてしまうこともあります。ダブルコートの犬種には、カーディガン・ウェルシュ・コーギー、ペンブローク・ウェルシュ・コーギーポメラニアン、シェットランド・シープドッグ、柴犬、チャウチャウ、ゴールデン・レトリーバー、ボーターコリーなどがいます。

熱中症になりやすい状態

①肥満

太っていると、皮下脂肪により熱を体内に溜め込みやすくなっています。臓器の働きが弱っていたり、気道が狭くなり呼吸による体温調整も難しいため熱中症にもなりやすい状態です。

②興奮しやすい

興奮して体を動かすことと、血圧の上昇により体温が上昇し、熱中症の危険が高まります。

③老犬

体温調整機能が衰え、他の臓器も弱っているため熱中症になりやすい状態です。体内の水分量が少なく、脱水状態になりやすいので、水分を充分与えるようにしてください。

④幼犬

体が小さく、抵抗力が弱い幼犬は、熱中症に限らず病気になりやすい状態です。特に、初めての夏は、犬にとって経験のない暑さです。飼い主さんも、経験が少なく犬と過ごす初めての夏の場合、様子が分からずさらに危険です。絶対に無理をさせないよう、十分に気をつけてあげてください。

⑤病弱

病気で体力が落ちている犬は、熱中症にもかかりやすくなっています。室内飼育の場合でも、温度管理や水分補給など快適な環境作りに努めてください。特に、心臓や気管支系の疾患があるワンちゃんは、循環器や呼吸が上手くいかず熱中症になりやすいので気をつけてください。

環境、行動、犬の個性の3つの要因のうち、いくつかが重なった時は特に危険です。熱中症になる確率がとても高いということを念頭に、十分な予防を行ってください。

 熱中症の症状

暑い日や運動の後に、普段と様子が違うと思ったら犬をよく観察してください。犬の命を守るには、飼い主が早い段階で犬の熱中症に気がつき、適切な処置をしてあげる必要があります。ご紹介します症状に当てはまる場合は熱中症を疑ってみてください。ただし、ここに書かれている症状はあくまで一例です。犬によっては、このような症状がでないこともあります。

  • いつもより息が荒くなる
  • よだれを大量に垂らす
  • 体が熱くなる  ※体温が40度以上ある
  • 目の白い部分が赤くなる
  • 口の中が紫色になる
  • 涙が多く出る
  • 口の中が赤くなる
  • 動きが鈍くなる
  • いつも理解できる言葉などが、理解できない
  • 吐く
  • 下痢をする

特に危険な状態 ※一刻を争う状態です、すぐに対処してください

  • 意識がなくなる
  • けいれん発作を起こす
  • 吐血や下血

熱中症の予防方法

散歩

強い日差し・放射熱を避ける

また、アスファルトの放射熱も危険です。特に、体が小さい犬や子犬は、放射熱の影響を強く受けてしまいます。子犬の場合、肉球が柔らかいので、やけども心配です。出かける前に地面を手で触り、熱気を確認してから出かけましょう。

明け方か夜遅くに散歩する

真夏は、早朝から気温が高い日や、日没後も地面が熱せられたままの日がしばしばあります。できれば、夜遅い時間から明け方が、安心です。また、放射熱の少ない緑地や公園などがあれば、散歩コースに取り入れてください。

濡れたまま出かけない

時たま水浴びやシャワーをさせた後、体の乾燥も兼ねて濡れたまま出かける人もいますが、やめてください。気温が高いと、体についた水分が外気と体温で上昇し、サウナのようになり犬がのぼせてしまいます。

お散歩用冷却スプレーを使う

お散歩や運動の時、冷却スプレーを利用すれば手軽に体温を下げることができるので、暑い日の散歩には使ってみても良いでしょう。以下、amazonの口コミで評判の冷却スプレーを探してみました。

クールウェアを着せてあげる

涼しいウェアを着せて散歩に出かけてみるのも手です。暑い反射熱からも守ってくれます。以下、amazonの口コミで評判のお散歩ベストを探してみました。

屋外飼育

涼しく過ごせる工夫をしてあげる

涼しく風通しの良い場所に、犬小屋を設置できていますか。犬小屋の下に「すのこ」をひいたり、「よしず」や「すだれ」で日光を遮ってあげましょう。時間とともに陽の差す角度が変わるので、一日中快適に過ごせるよう工夫してください。以下、amazonの口コミで評判の「すのこ」や「すだれ」を探してみました。

また、ケージの中に、保冷剤や凍らせたペットボトルをタオルでくるんだものを入れてあげるとよいでしょう。犬が保冷剤をかじらないよう、気をつけてください。時々ケージから出し、水分補給も忘れずに行ってください。

クーラーが届きにくい場所に乗せない

クーラーの届きにくいトランクや後頭部座席に乗せるのは避けましょう。特にトランクは熱がこもりやすく、熱中症になる原因です。クーラーが届きにくい場所にしか乗せられない場合はクールベッドや保冷剤を用意してあげるなどしてあげましょう。

車内に残して出かけない

締め切った車はもちろん、窓を開けていても車内に、犬を残して出かけることは厳禁です。走ったエンジンの熱や日光で外よりも暑くなっています。体の小さな犬は、ほんの数分で熱中症になることもあります。

車用サンシェードを使う

走行中も車用サンシェードなどを使い、直射日光が当たらないよう工夫をしてあげましょう。以下、amazonの口コミで評判のサンシェードを探してみました。

室内飼育

体温調節ができるようにする

夏場は、玄関や廊下、洗面所など涼しい場所で過ごせるようにしてあげましょう。犬が自由に行き来できるようにしておけば、自分で移動して体温調節ができます。

直射日光が当たらないようにする

直射日光が入り込むなら、カーテンやブラインドで陽をさえぎりましょう。マンションなど、機密性の高い建物では、室内が高温になりますので、特に気をつけましょう。

エアコンをかける

そのためお留守番の時にも、エアコンをかけてあげる必要があります。ただし、冷やし過ぎにも注意してください。冷気は下に貯まるため、犬は人間の体感温度より3~5度程度低く感じます。エアコンの風が直接当たるような場所も避けてください。エアコンをかけていた室内では、犬がもぐれるようブランケットを用意したり、犬の様子をよく見てください。ブルブル震えていたり、部屋から出たがったりするのは寒いからかもしれません。寒すぎると、下痢をしたり、風邪をひいたりして体力を消耗してしまいます。

エアコンをかけない場合は涼しくなる工夫をする

エアコンをつけない場合はクールベッドやアルミプレートを用意したり、アイスノンや凍らせたペットボトルなどを側に置いてあげると良いでしょう。以下、amazonの口コミで評判のクールベッドやアイスノンを探してみました。

その他

犬の熱中症習慣予報を確認する

犬の熱中症の危険が、どの程度あるか教えてくれるサービスがあります。天気予報に加えて、犬の熱中症予報も見ておくと安心です。

熱中症週間

出典:アニコム

熱中症になった時の対策方法

愛犬を熱中症にさせないのが一番ですが、万が一発症した場合の対策を知っておきましょう。

急いで体温を下げることが大切

①涼しい場所へ避難

涼しい場所に愛犬を連れて行き、横たわらせます。戸外であれば風通しの良い日陰、屋内ならばエアコンで室温を下げます。扇風機やうちわで風をおくるのも、有効な手段です。

②体温を下げる

濡れたタオルや水を犬の体にかけ、体温を下げます。ただし、冷たすぎる水を、いきなりかけるのはNGです。犬の後ろ脚の内側、首すじなどを濡れタオルや保冷剤で冷やしてあげると、熱が下がりやすくなります。急激に体温を下げすぎるのも犬の身体に負担となりますので、体温が39℃程度まで下がったら、保冷剤などをたくさん使い急激に冷やす事はやめてください。以下、amazonの口コミで評判の保冷剤を探してみました。

③水分を与える

自力で水分がとれそうなら、水や犬用のスポーツドリンクなどを与えてみてください。人間用のスポーツドリンクは、2倍以上に薄めて与えます。普通に水分が摂れない状態なら、スポンジやタオルなどに染みこませて、少し口に含ませてあげます。ただし、自力で飲めない犬に水分を無理に飲ませると、気道に水分が入り危険ですので無理は禁物です。病院に連れて行き、点滴などの処置をしてもらいましょう。以下、amazonの口コミで評判の犬用ドリンクを探してみました。

判断がつかないなら病院へ

それほど激しい症状がなく応急措置を行ったことで、犬が落ち着き元気になってくれば、そのまま様子をみてもいいでしょう。判断がつかない場合や、一時期でも症状が激しく現れていた場合、などは念のため受診をおすすめします。意識が戻らない、けいれんが続く、下血、吐血といった症状の場合は、応急措置を行いながら、急いで病院に連れていきましょう。

最後に

一旦熱中症になると、あっという間に症状が進んでしまう怖い病気です。そうならないよう予防するためには、暑さを避け、水分補給を十分とらせましょう。

また、犬の体温が高温になっているかどうか判断するためには、平熱を知っておくことが必要です。体温を測ったり、普段の様子をしっかり観察しておいてください。

動物病院に連れて行った時も、飼い主さんが普段の様子とどのように違うか伝える必要があります。熱中症が他の病気と違うのは、飼い主さんが気をつければ、ほぼ防ぐことが出来るという点です。愛犬に苦しい思いをさせることがないよう、対策を行ってあげてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログを購読する

ご意見・ご感想

必須項目が入力されていません。
以上で送信
『ご意見・ご感想』ありがとうございました!
入力して頂いた内容は、今後の参考とさせて頂きます。今後も『いぬまとめ』をどうぞよろしくお願い致します。
いぬまとめチーム