犬の『水頭症(すいとうしょう)』の原因と対処法

犬の『水頭症(すいとうしょう)』の原因と対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
水頭症の犬の画像

水頭症(すいとうしょう)は、脳の周りを流れている『脳脊髄液(のうせきずいえき)』と呼ばれる水がなんらかの理由でたまり、脳を圧迫してしまう病気です。水頭症は大きく2つに分けることができます。ひとつは、大脳の内側にあって脳脊髄液を作って送り出している器官である『脳室』を圧迫する『内水頭症(ないすいとうしょう)』。もうひとつは、大脳を囲んでいる『くも膜』と大脳の隙間である『くも膜下腔(まっかくう)』を圧迫する『外水頭症(がいすいとうしょう)』です。

またすこし複雑になりますが、水頭症は『閉塞性(へいそくせい)水頭症』と『代謝性(たいしゃせい)水頭症』という2種類に分けることができます。『閉塞性(へいそくせい)水頭症』は、脳脊髄液(のうせきずいえき)自体の流れが止まることで溜まってしまうもので、『代謝性(たいしゃせい)水頭症』は壊れたり成長していない脳細胞に、脳脊髄液が溜まってしまうものです。

犬の水頭症の症状

ここでは『水頭症(すいとうしょう)』の症状について説明したいと思います。圧迫をうけている脳の場所によって、あらわれる症状が変わってきます。この症状が出たから水頭症だ、と断定をすることは難しいですが、少しでも気になるところがあれば、ただちに獣医さんに診てもらってください。

初期状態では、主に以下のような症状があらわれます。

  • ぼんやりする時間が多くなる
  • 以前よりも元気がなくなる
  • 急に攻撃的になる
  • 歩くときにふらつく
  • 頭がドームのようにふくれる
  • 食欲がなくなる
  • エサをたくさん食べる

症状が進行すると、以下のような症状が現れます。

  • けいれん発作を起こす
  • 意識がなくなる

残念ながら、一度『水頭症』を発症してしまうと、完治することはありません。しかし、早期の発見と治療より、症状をやわらげることができます。

犬の水頭症の原因

冒頭で説明した通り、水頭症(すいとうしょう)には、閉塞性(へいさせい)と代謝性(たいしゃせい)がありますが、どちらも原因は大きく分けて『遺伝によるもの』と『後天的な原因によるもの』があります。

遺伝によって

また、犬の種類によって水頭症になりやすい犬がいます。具体的には、頭の小さな小型犬や、鼻の長さが頭の大きさに比べて短い短頭種です。遺伝によって発症した場合は、多くが生後1年までに症状があらわれます。コチラに、水頭症にかかりやすい犬の種類をリストアップしました。このリストにある犬の種類を飼われている方は、注意しておきましょう。

先天的な原因によって

遺伝で水頭症になる原因は、生まれつきの発育不全によるものです。発育しきらずに頭が奇形になると、脳脊髄液(のうせきずいえき)の流れが悪くなり、脳を圧迫します。

後天的な原因によって

後天的な水頭症(すいとうしょう)は、頭を打ったりしてできた脳の傷や脳内出血、ウイルス感染による脳炎、脳にできた腫瘍によって引き起こされます。

犬の水頭症の治療法と費用

CT検査やMRI検査を行ってから治療を行います。治療は2種類ありますが、どちらも『脳脊髄液(のうせきずいえき)を減らして、脳圧を下げる』ものです。水頭症(すいとうしょう)は残念ながら根本から完全に治すことができないため、症状をやわらげるという目的で治療が行われます。

内科的治療を行う

症状をやわらげるための薬を与える治療で、多くの場合はこちらになります。脳脊髄液(のうせきずいえき)がたまるのを防ぐ『降圧剤』や、脳細胞のふくれを抑える『ステロイド剤』、脳脊髄液をおしっこと共に流す『利尿剤』を投与します。症状によって薬は変わりますが、薬の投与自体は一生続けなければいけません。

外科的治療を行う

水頭症が重度であれば、シャントと呼ばれる特殊なチューブを頭蓋骨(ずがいこつ)からお腹に通して、脳脊髄液(のうせきずいえき)を循環させる『シャント療法』という手術を行います。このシャントは付けると一生外すことができません。また、症状が進行しないように薬の投与も同時に行います。特殊なチューブからの感染症や、チューブがつまるなどのリスクがあるため、手術後も注意が必要です。費用は、シャント代と手術代を合わせて20〜30万円程度かかります。

水頭症になりやすい犬の種類

頭の小さな小型犬や、鼻の長さが頭の大きさに比べて短い短頭種に多く見られます。水頭症(すいとうしょう)にかかりやすい犬の種類を『アイウエオ順』にリストアップしてみました。

最後に

以上、犬の『水頭症(すいとうしょう)』の原因と対処法でした。

『いぬまとめ』では、犬についての症状についてなるべく正しい情報を詳しく解説しようと試みています。しかし、この記事を元に犬の症状が悪化した場合や、その他の変化があったとしても、大切な家族に対して責任を負うことはできません。素人が判断するのは危険なことも多々あるので、最終的には飼い主であるあなたが、責任をもって獣医さんと相談してみてください。

もしこの症状についてお気づきの点やご質問がある場合は、遠慮なく『いぬまとめ』までお問い合わせください。我々は今後も『より良い犬と人の関係』のために尽くしていきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログを購読する

ご意見・ご感想

必須項目が入力されていません。
以上で送信
『ご意見・ご感想』ありがとうございました!
入力して頂いた内容は、今後の参考とさせて頂きます。今後も『いぬまとめ』をどうぞよろしくお願い致します。
いぬまとめチーム