命の危険も!拾い食いをする犬のしつけ方

命の危険も!拾い食いをする犬のしつけ方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
命の危険も!犬の拾い食いを止めさせる方法まとめ

犬を飼っている方は、散歩をさせているときに犬が何かを見つけて口をモゴモゴしているという状況になったことが、一度はあるのではないでしょうか。しかし、実は拾い食いのせいで犬が命を落とすことは少なくないのです。

そこで今回は、犬の拾い食いを止めさせる方法についてまとめてみましたので、拾い食いをした場面に遭遇したことのある方は、この記事をしっかりと読んで、きちんとしつけていきましょう。

犬が拾い食いをするとどうなるのか

まずは最初にお話した、犬が拾い食いをしてしまう危険について説明したいと思います。

犬が拾い食いをすることは、あなたにとって気分が良いことではないのはもちろん、他にも命に関わる危険性がたくさんあります。

例えば『チョコレート』は犬にとって猛毒だと言うことを知っていましたか。食べてしまうと吐いたり、最悪の場合は死んでしまうこともあります。また、『キシリトール』などが含まれているガムや歯磨き粉は特に危険で、こちらも死ぬことがあります。人間にとっては、どうということのない物でも、犬にとってみると猛毒なものがあるということを知っておいてください。その他の食べてはいけないものについては、コチラにまとめましたので、ぜひ一度確認してみてください。

残念ながら、その他にも拾い食いによる命の危険はあります。国内では近所の犬の「吠える声がうるさい!」といった理由や、「犬のトイレをきちんと処理していない!」という理由で、毒の入った餌を犬が散歩するであろう道に撒いておき、それを食べた犬が死亡するという事件が少なくありません。

拾い食いを止めさせることは、愛犬の命を守ることにつながります。この記事を参考にしながら、拾い食いをしないように気をつけてください。

犬はなぜ拾い食いをするのか

いつもは、ここで犬の気持ちを説明してから、しつけの方法をご紹介するのですが、今回の場合は、特に説明はいりませんね。犬が拾い食いをする理由は『食べたいから』です。つまりは、食欲ですね。

拾い食いをした時にやってはいけないこと

拾い食いを止めさせる方法を詳しくご紹介する前に、しつけの時にやってはいけないことを紹介しましょう。今までやってしまっていた方は、以下のことはやらないように注意してください。場合によっては、余計に『拾い食い』するようになってしまいます。

リードを引っ張る

犬が何かを拾い食いしている様子があると、ほぼ全ての飼い主の方は食べさせないようにリードを引っ張ります。しかし犬は、リードを引っ張られると「引っ張られる前に食べないと!」と思ってしまいます。そのため、次に落ちているものを見つけた時は、前よりも必死になって食べにいこうとします。しつけができていない時は、食べさせないように引っ張るのは仕方ありませんが、引っ張ることを続けてしまうと首を痛めてしまったり、犬の種類によっては目が飛び出してしまったりすることがあります。この記事を参考にしながら早めにしつけをしましょう。

叩く・怒鳴る

どんなしつけの時もそうですが、犬を叩いたり怒鳴ったりすることは絶対にやってはいけません。一番大事な犬との信頼関係が崩れてしまい、さまざまなしつけをすることが難しくなってしまいます。また、コミュニケーションができなくなってしまい、犬との楽しい時間がなくなってしまいます。

マズルを抑えて睨みつける

マズルコントロールとして、よく紹介されている方法です。しかし、専門家のなかでも否定的な意見が数多くあるため、『いぬまとめ』ではオススメしていません。

方法を間違えると、叱るとき以外のコミュニケーションにも目を合わせなくなってしまったり、コチラで紹介しているように歯磨きのときに口を触らせてくれなかったりと、他のしつけがしにくくなってしまう可能性があります。

犬の拾い食いを止めさせよう!

前置きが長くなってしまいましたが、いよいよ犬の拾い食いの止めさせ方について説明していきたいと思います。

ステップ1:リードを固定する

まず場所についてですが、公園などでやると他の人や犬が来たときに、集中力が切れてしまいます。そのため、家の中もしくは庭といった気が散りにくい場所でやるのが良いでしょう。

場所を決めたら、犬とつながっているリードを木や柱など引っ張っても動かないようなところにしばっておきます。

ステップ2:リードが届かないところに餌を落とす

リードを固定したら、つぎに犬が届かないところにわざと餌を落とします。

ステップ3:オアズケと叫ぶ

犬はわざと落とした餌を取ろうとした時、犬は必死で餌を取ろうとしますが、リードが届かないこが分かると今度はあなたに「どうしたらいい?」といった感じで視線を合わせてきます。少しタイミングが難しいのですが、このあなたに「どうしたらいい?」と振り向く直前にハッキリと「オアズケ!」といいましょう。

ステップ4:おやつを与える

最後に、あなたに「どうしたらいい?」と目を合わせてきたときに、用意していたおやつをあげましょう。そうすることによって「落ちているものを食べるより、飼い主の言うことを聞いた方が、良いことがあるんだ。」と覚えていきます。

ここまでの流れがある程度まとまった動画あるので紹介したいと思います。この動画では、舌打ちで呼んでいるのですが、この時に「オアズケ!」と叫ぶことによって、言葉によって食べ物に対する欲求を抑えられるようになっていきます。

上手く行かない時

中には、『STEP1』から『STEP3』までを根気よくやってもなかなか上手くいかないという方もいるでしょう。どの『しつけ』にも当てはまりますが、方法は1つだけではありません。ここで紹介した方法の他にも、拾い食いを止めさせる方法があるので紹介してみたいと思います。

有名な方法としては、口にすると嫌な思いをするものを塗って、わざと拾い食いをさせる方法です。色んなメーカーから出されているのですが、有名なのはグラニクス社の『ビターアップル』と言われる商品です。赤くなっていないリンゴの苦みを取り出した商品で、噛んだり食べて欲しくないものに吹きつけておくと、噛んだり食べなくなるというものです。天然由来ということもあって、長年人気のある商品になっています。しかし、コチラで紹介している通り、すぐに揮発はしますが、犬に与えてはいけないアルコールを含んでいたり、すぐに味に慣れてしまう犬もいたり、根本的な解決にならないことも多いので、完全な方法ではないことを知っておいてください。

最後に

以上、犬の拾い食いを止めさせる方法まとめはいかがだったでしょうか。

一番大事なのは、犬との信頼関係です。犬の気持ちをしっかりと理解して、より良い関係を作っていくことができれば、犬もあなたのことをもっと理解してくれるようになるはずです。

何か不明な点や、質問があればいつでも『いぬまとめ』までご連絡ください。今後とも、あなたと犬とのより良い関係のために頑張っていきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログを購読する

ご意見・ご感想

必須項目が入力されていません。
以上で送信
『ご意見・ご感想』ありがとうございました!
入力して頂いた内容は、今後の参考とさせて頂きます。今後も『いぬまとめ』をどうぞよろしくお願い致します。
いぬまとめチーム