犬の『外耳炎(がいじえん)』の原因と対処法まとめ

犬の『外耳炎(がいじえん)』の原因と対処法まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
犬の耳のイメージ画像

犬の『外耳炎(がいじえん)』とは、耳の中にある音の通り道の『外耳道(がいじどう)』と呼ばれるところに炎症が発生することをいいます。一度発症するとなかなか治りにくく、治ったとしても再発しやすく、それが続くと慢性的になってしまいます。

なりやすいからと言って放っておくと『中耳炎(ちゅうじえん)』や『内耳炎(ないじえん)』まで発症してしまうこともあり、深刻化してしまいます。普段から耳掃除をするなどして、愛犬の耳の異常にいち早く気付けるようにしましょう。

この記事を参考に、少しでも違和感を感じたときは獣医さんと相談してみましょう。

犬の外耳炎(がいじえん)の症状

外耳炎(がいじえん)の症状としては、以下のものが挙げられます。

  • 頭を振る
  • 足で耳を掻く
  • 耳垢が大量に付く
  • 耳の中が赤くなる
  • 耳からいつもと違った臭いがする

また、悪化すると以下のような症状があらわれるので、早急に獣医さんに診てもらってください。

  • 首をずっと傾けてる
  • 歩くときにふらつく
  • 耳を触らせたくない仕草をする
  • 吐く

犬の外耳炎(がいじえん)の原因

外耳炎(がいじえん)の原因は、さまざまです。代表的なものをリストアップしてみました。

アレルギーによって

アレルギーが原因で『外耳炎(がいじえん)』になることがあります。

ホルモンのバランスによって

ホルモンのバランスが取れないことによって『外耳炎(がいじえん)』になることがあります。

寄生虫によって

『ミミヒセンダニ』を始めとするダニ類や、他にも『毛包虫(もうほうちゅう)』や『疥癬(カイセン)』といった寄生虫によって『外耳炎(がいじえん)』になることがあります。

菌の感染によって

『ブドウ球菌』などの『細菌』や『マレセチア』などの『真菌(しんきん)』の感染によって起こります。

異物によって

耳の中に、自分の毛や植物の葉や種などが入ることによって、菌が繁殖しやすくなります。

耳掃除をしないことによって

耳の掃除をしないと不衛生になり『外耳炎』をはじめとする、耳の病気が発症しやすくなります。耳掃除の仕方は、コチラで解説しているので耳掃除をしたことがないという人は、ぜひ参考にしてみて下さい。

耳掃除が正しくないことによって

逆に耳掃除をしっかりとやっていても、耳にキズがついてしまい、そこから外耳炎になる場合もあります。正しい耳掃除の仕方もコチラで解説しているので、あまり知らずに耳掃除をしていた方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

遺伝によって

垂れ耳の犬は、耳が閉じられているので、中で菌が繁殖しやすくなります。遺伝によってなりやすい犬の種類をまとめましたので、コチラを参考にしてみてください。

犬の外耳炎(がいじえん)の治療法と費用

外耳炎(がいじえん)の治療法と費用をまとめてみましたので、原因と合わせてご覧ください。

アレルギー対策をする

アレルギーが原因で『外耳炎(がいじえん)』になっている場合は、最も繰り返して発症しやすい原因になっています。コチラの記事でアレルギーの対策をまとめておりますので、費用と合わせて、参考にしてみてください。

寄生虫を駆除する

『ミミヒセンダニ』を始めとするダニ類や、他にも『毛包虫(もうほうちゅう)』や『疥癬(カイセン)』といった寄生虫が原因で『外耳炎(がいじえん)』になっていた場合は、『駆虫薬(くちゅうやく)』が入った点耳薬を使います。治療が終わるまで、何度も病院へ通う必要があるので、一回あたりが3,000~5,000円で完治までの合計としては、数万円かかることも珍しくありません。

殺菌する

細菌や真菌が原因で『外耳炎(がいじえん)』になっていた場合は、『抗生剤(こうせいざい)』が入った点耳薬、『抗真菌薬(こうしんきんやく)』が入った点耳薬を使います。こちらも寄生虫を駆除した場合と同じような費用がかかります。一回あたり、3,000~5,000円で完治まで数万円かかることも珍しくありません。

異物を取り除く

異物が原因で『外耳炎(がいじえん)』になっている場合は、異物を取り除く必要があります。しかし、絶対に自分で取ろうとはせずに獣医さんに取ってもらってください。理由としては、取るときに間違って耳の中をキズつけてしまうと、余計に悪化する可能性があるからです。費用としては、病院などによって変わってきますが、5,000~10,000円程度になります。

手術する

『外耳炎(がいじえん)』が重症の場合は、手術をする必要がでてきます。費用としては、2~3万円程度がかかってきます。

正しく耳掃除をする

耳掃除をしてないこと、もしくは耳掃除をしていたけれども正しい方法が分からなかった方は、コチラに耳の掃除の正しい方法を、まとめてみましたので是非参考にしてみてください。

犬の外耳炎(がいじえん)になりやすい犬の種類

『外耳炎(がいじえん)』は、耳の垂れている犬の種類や、耳の中に毛がおおい犬の種類がなりやすい病気です。『外耳炎』にかかりやすい犬の種類を『アイウエオ順』にリストアップしてみたので、この中に自分のわんちゃんが入っていないか確認してみましょう。

  • アメリカン・コッカー・スパニエル
  • ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリア
  • カニンヘン・ダックスフンド
  • ゴールデン・レトリーバー
  • シー・ズー
  • シェットランド・シープドッグ
  • シャー・ペイ
  • スタンダード・ダックスフンド
  • スタンダード・プードル
  • ダックスフンド
  • トイ・プードル
  • バセット・ハウンド
  • マルチーズ
  • ミニチュア・ダックスフンド
  • ミニチュア・プードル
  • ラブラドール・レトリーバー

最後に

以上、犬の『外耳炎(がいじえん)』の原因と対処法でした。

『いぬまとめ』では、犬についての症状をなるべく正しい情報を詳しく解説しようと思っていますが、この記事を元に犬の症状に悪化した場合や、その他の変化があったとしても、大切な家族に対して責任を負うことはできません。素人が判断するのは危険なことも多々あるので、最終的には飼い主であるあなたが責任をもって獣医さんと相談してみてください。

もしこの症状についてお気づきの点やご質問がある場合は、遠慮なく『いぬまとめ』までお問い合わせください。我々は今後も『より良い犬と人の関係』のために尽くしていきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログを購読する

ご意見・ご感想

必須項目が入力されていません。
以上で送信
『ご意見・ご感想』ありがとうございました!
入力して頂いた内容は、今後の参考とさせて頂きます。今後も『いぬまとめ』をどうぞよろしくお願い致します。
いぬまとめチーム