犬の『膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)』の原因と対処法

犬の『膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)』の原因と対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
犬の膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)のイメージ画像

犬の膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)の症状

とても読みにくい症状ですが、これを簡単に説明すると、犬の後ろ足のひざの骨が正しい位置から外れてしまうことを言います。主な症状としては、以下のものとなります。

  • 足をひきずる
  • 足を浮かせる
  • スキップするような動きをする
  • 足を痛がる

また膝蓋骨脱臼は、症状の進行度によって4つのグレードに別けることができます。グレードが低いときに対処をしてあげてないと、どんどん進行してしまうので、上のような症状がでた場合には、獣医さんに相談して早急に対応をしてあげてください。

グレード1

もっとも軽度な脱臼です。外れた骨が自然に戻ったり、軽く力を入れて押してあげるだけで元に戻ります。しかし、繰り返して脱臼を起こすと、外れた部分がすり減ることによって、より脱臼しやすくなってしまいます。この時点では、気づかない飼い主さんも多くいます。

グレード2

ヒザの関節を曲げ伸ばしするだけで脱臼してしまう状態です。ふだんの生活で時々外れてしまいます。

グレード3

足を浮かせている時間が長くなります。この状態になると、足をかばうために他の足にもかなりの負担がかかってしまっているために、今度は違う足まで悪くなってしまいます。手術が必要となります。

グレード4

骨もかなり変形してしまっており、元に戻そうとおもっても戻りません。かなり深刻な状態なので、元にもどすためには早急な手術が必要となります。

犬の膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)の原因

後天性の場合

おもにヒザへの負担によって起こります。

もし飼っている犬が太っていたら、肥満が原因かもしれません。足を浮かせる頻度が高い場合は、早急に獣医さんに見てもらって手術が必要ですが、同時に体重を減らすことを考えてください。

幼犬のころにフローリングで生活させると、滑りやすいことから足に負担がかかり、この症状になりやすくなるのでフローリングが多い家では、なるべく絨毯やマットを敷いて生活させてあげてください。Amazonでいい商品がないか探してみると、犬を意識しているのか、犬がモチーフになった滑らないフローリング用の絨毯もあるようです。

足のうらの毛が長い子は、自分の毛で滑っている可能性があります。なるべく自分の毛は踏まないように、短くカットしてください。

先天性の場合

小型犬には、生まれながらにして膝蓋骨脱臼になりやすい犬の種類がいくつかあります。そのほとんどは小型犬です。なりやすい犬の種類をリストアップしているので、コチラから自分の犬が入っていないか確認してみてください。

犬の膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)の治療法と費用

治療法としては、膝蓋骨(しつがいこつ)を正しい場所にもどす手術になります。症状が進行してしまうと手術も難しくなる場合があるので、なるべく早く手術をおこなってください。

手術の費用は、担当される獣医さんやグレードによって変わってきますが、相場としては20~30万円程度になります。また入院が数日必要となるために、そこにも費用がかかってきます。

膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)になりやすい犬の種

膝蓋骨脱臼にかかりやすい犬の種を『あいうえお順』にリストアップしてみたので、まずはこの中に自分のわんちゃんが入っていないか確認してみましょう。

最後に

以上、犬の『膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)』の原因と対処法でした。

『いぬまとめ』では、犬についての症状についてなるべく正しい情報を詳しく解説しようと思っていますが、こちらを元に犬の症状が悪化した場合や、その他の変化があったとしても、大切な家族に対して責任を負うことはできません。素人が判断するのは危険なことも多々あるので、最終的には飼い主であるあなたが責任をもって獣医さんと相談してみてください。

もしこの症状についてお気づきの点やご質問がある場合は、遠慮なく『いぬまとめ』までお問い合わせください。我々は今後も『より良い犬と人の関係』のために尽くしていきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログを購読する

ご意見・ご感想

必須項目が入力されていません。
以上で送信
『ご意見・ご感想』ありがとうございました!
入力して頂いた内容は、今後の参考とさせて頂きます。今後も『いぬまとめ』をどうぞよろしくお願い致します。
いぬまとめチーム