『ペンブローク・ウェルシュ・コーギー』のすべてが分かる!歴史・性格・大きさ・寿命・毛・価格

『ペンブローク・ウェルシュ・コーギー』のすべてが分かる!歴史・性格・大きさ・寿命・毛・価格

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
これで『ペンブローク・ウェルシュ・コーギー』の全てが分かる!歴史・性格・大きさ・寿命・毛・価格のアイキャッチ画像

日本のある紅茶のCMにペット役で出演して以来、その可愛さから人気に火がついたペンブローク・ウェルシュ・コーギー。愛らしい表情と、短いしっぽがとても可愛い犬種です。

そんなペンブローク・ウェルシュ・コーギーに関するさまざまな情報をまとめてみましたので、気になるカテゴリをクリックしてみてください。

ペンブローク・ウェルシュ・コーギーの歴史

11世紀ごろからいたと言われている『ペンブローク・ウェルシュ・コーギー』は長い歴史をもちながらも、その起源は謎に包まれています。起源の説は2つあります。1つは、フランスとベルギーをまたぐ海沿いのフランドル地方で、織物を仕事にしていた人たちがイギリスのウェールズに移住した時に、祖先犬である『スキッパーキ』を牛を追うためのパートナーとして育てていったという説です。もう1つは、牧羊犬として活躍していたスウェーデンの犬『スウェーディッシュ・バルフンド』が、何らかの理由でウェールズに移り住んだという説です。

『ペンブローク・ウェルシュ・コーギー』の『ウェルシュ』はウェールズ語で『ウェールズ地方の』を意味し、『ペンブローク』はウェールズ地方の中にあるペンブロークシャー地方で飼われていたことから付けられました。『コーギー』は、イギリスのケルト語で『小さな犬』を表しています。ちなみに、『ペンブローク・ウェルシュ・コーギー』によく似た名前の『カーディガン・ウェルシュ・コーギー』という犬がいますが、これは『ウェールズにあるカーディガンシャー地方の小さな犬』という意味で名付けられており、『ペンブローク・ウェルシュ・コーギー』とは別の犬の種類です。また、どちらも見た目がよく似ていますが、ペンブローク・ウェルシュ・コーギーの祖先犬は『スキッパーキ系』、カーディガン・ウェルシュ・コーギーの祖先犬は『ダックスフント系』という違いもあります。昔のヨーロッパでは、犬の種類の区別をはっきりつけていなかったため、見た目が同じような犬の種類同士で子供を産ませることがありました。そのため、ペンブローク・ウェルシュ・コーギーとカーディガン・ウェルシュ・コーギーは見た目がとても似ているのです。

ペンブローク・ウェルシュ・コーギーがウェールズ地方で飼われるようになってからは、長い間、牧畜犬として活躍していました。特徴的な低い体高は、牛の脚をよけながら、牛のかかとにかみついて牛を管理することにぴったりだったのです。一方、12世紀のイギリス国王ヘンリー2世がペンブローク・ウェルシュ・コーギーを飼い始めてから、英国王室ではペットとして愛されるようになりました。

やがて、牧草地や土地が整備され、牧畜犬としての仕事が少なくなると、ドッグショーに参加するようになります。繁殖家が目をつけたことで、現在のような可愛らしい見た目になりました。

それまではあまり人気のなかったペンブローク・ウェルシュ・コーギーですが、19世紀に、イギリス国王ジョージ6世がペットとして飼い始めると、世界に知られるようになり、たちまち人気の犬種となりました。現在ではジョージ6世の娘であるエリザベス女王2世が、可愛がっていることで知られ、イギリスでは愛玩犬として安定した人気があります。

ペンブローク・ウェルシュ・コーギーの性格

ペンブローク・ウェルシュ・コーギーは、忠実で飼い主を喜ばせることが大好きです。また、人と接することが大好きで優しい性格をしています。 元々牧畜犬だったことから、とても運動が大好きという、活発な一面も持っています。

慣れない人には、牧畜犬のなごりで時々かかとに噛み付いたり、吠えてしまうこともあります。しかし、頭が良いので、しっかりとしつけを行い、コミュニケーションをとれば、家庭犬と番犬をこなすことができる優秀な犬種です。

ペンブローク・ウェルシュ・コーギーの大きさと体重

ペンブローク・ウェルシュ・コーギーは、小型犬の扱いになります。犬の高さの基準となる、体高と呼ばれる足の裏から肩の骨の出っ張っているところまでの高さは、オスとメスともに約25〜30cm程度になります。体重については、オスが12kg、メスが11kgが目安になってきます。この基準より、重すぎたり軽すぎる場合には、健康に影響が出る場合があるので、体調には気をつけてあげてください。

ペンブローク・ウェルシュ・コーギー以外の小型犬が気になる方は、コチラから探してみてください。

ペンブローク・ウェルシュ・コーギーの運動量

ペンブローク・ウェルシュ・コーギーは食欲旺盛で太りやすいので、食事の調整はもちろん、毎日の運動が欠かせません。運動することは肥満を防ぐだけでなく、胴が長い犬によくみられる『椎間板疾患(ついかんばんしっかん)』の予防にもなります。

かつて牧畜犬として走り回っていたペンブローク・ウェルシュ・コーギーは、かなりの運動量が必要です。30分程度の散歩を1日2回、そのうち1回は広い場所で30分ほど走らせてあげると良いでしょう。短足であるペンブローク・ウェルシュ・コーギーは、地面からの熱をうけやすいので、涼しい時間に散歩することがオススメです。

散歩の目安ですが、普段からはしゃいでヤンチャをするようであれば、今よりも散歩量を長くしてあげましょう。逆にグタッとしていることが多ければ、運動量が多いのかもしれません。そのバランスを見きわめて、少しでも健康を維持して長生きをさせてあげてください。

また散歩は、運動量を消化するだけではなく社会への繋がりであったり、あなたとの大事なコミュニケーションの時間にもなります。トラブルを防いだり、あなたとの信頼関係を築くことにより、言うことも聞きやすくなるので、そういった意味でも大切にしてあげてください。

散歩の仕方についてはコチラが参考になると思うので、ぜひ参考にしてみてください。

ペンブローク・ウェルシュ・コーギーの毛

毛の色は、単色では『レッド』、薄いシルバー、金や茶色、灰色をベースに黒い毛が細かく混ざっている『セーブル』、金色の毛に黒い差し毛が混ざった『フォーン』があります。複色だと、黒と黄色みをおびた茶色からなる『ブラック&タン』、黒と白とタンからなる『トライカラー』、そしてこれらの色に白いブチがつくものがあります。

毛の質は、少し固くてボサボサしている少し長めの毛と、フワフワしている短い毛を持っており、こういった2つの毛質を同時に持つことを『ダブルコート』と呼びます。保温性には優れていますが、それだけに夏場の体温調整が苦手です。

毛の手入れの方法について、ペンブローク・ウェルシュ・コーギーは、抜け毛が激しいことでも知られています。そのため、毛の手入れが毎日必要な犬の種類と言えます。大人になってから毛の手入れをしようとすると、嫌がる子が多く、なかなか思い通りにブラッシングさせてもらえません。小さいころからブラッシングに慣れさせることが大事なので、ぜひ以下のブラシを用意してあげてください。それぞれ、Amazonで一番人気があるであろうものを探しておいたので、これを機に揃えてみるのも良いかと思います。

①ピンブラシ

先端に丸いガードが付いているブラシです。肌を傷つけずに絡まった毛や抜け毛を取ることができます。ブラシを軽く持ち、ブラシの重さだけでとかすようにブラッシングをしてあげてください。

②スリッカーブラシ

引っかいて皮膚にキズをつけないように、優しく持ってなでてあげるようにブラッシングしてあげてください。大量に毛がたまりますので、たまったら剥ぎとってゴミ箱に捨ててください。

③獣毛ブラシ

仕上げで毛ヅヤを出すのに効果的なブラシです。豚の毛などを使った柔らかいブラシで、静電気が起こりにくいのが特徴です。全身をやさしくブラッシングしてあげてください。使い終わった後に、コームブラシで獣毛ブラシをとくと、ブラシについた毛を取る効果があります。

シャンプー・お風呂について、ペンブローク・ウェルシュ・コーギーは月に1回程度が一番いいと言われています。それよりも少なすぎると不潔になってしまい病気の可能性が高くなり、逆に多すぎると皮膚を痛めてしまいます。シャンプー・お風呂の入れ方については、コチラで詳しく説明しておりますので、ぜひ一度読んでみてください。

ペンブローク・ウェルシュ・コーギーの寿命

ペンブローク・ウェルシュ・コーギーの平均寿命は、12歳から14歳と言われています。食事や運動に気をつけて、少しでも健康で長くいきてもらうために、心がけたいですね。

犬の年齢についてもっと詳しく知りたい方はコチラに犬年齢計算機を用意しましたので、ぜひ一度調べてみてください。

ペンブローク・ウェルシュ・コーギーがかかりやすい病気

犬種というものは、ミックス犬(雑種)とは違い、同じ犬の種類同士の子供が生まれるので、かかり易い病気が決まってきます。以下をみてください。

特に多いとされているのが、脊髄神経に負担がかかり、歩くことや立ち上がることが難しくなる『椎間板疾患(ついかんばんしっかん)』、股関節(こかんせつ)の異常で歩くことがが困難になる『股関節形成不全(こかんせつけいせいふぜん)』です。その他に多く見られるのは、けいれんしたり意識を失う『てんかん』があります。また、止血機能がこわれ、出血量が異常になる『フォンウィルブランド病』、夜間や暗いところで目が見えにくくなる『進行性網膜萎縮症(しんこうせいもうまくいしゅくしょう)』、腎臓から尿道までに石ができてしまう『尿路結石症(にょうろけっせきしょう)』、痛みがなくゆっくりと麻痺(まひ)が進行する『変性性脊髄症(へんせいせいせきずいしょう)』なども気をつけておきたい病気です。

それぞれの病気の対処方法については、別カテゴリで追ってまとめていきたいと思います。

ペンブローク・ウェルシュ・コーギーの引き取り価格

引き取り価格は、だいたい10~20万円程度になることが多いようです。ペンブローク・ウェルシュ・コーギーの値段を決めるのは、主に『毛色』『血統』『性別』『年齢』『購入場所』などによって変わってきます。

『毛色』を見てみると、レッド色に、ブレーズと呼ばれる頭の真ん中にある白い毛色のラインの入り方によって値段が変わっているようです。太くてきれいなラインがしっかりと入っていると高くなる傾向にあります。時期によって人気の色が変わることもあるので、それにより値段が上下することがあります。

『血統』を見てみると、ペンブローク・ウェルシュ・コーギーのドッグショーなどで活躍した犬の子供は高くなる傾向があります。片方の親がチャンピオンなどでも価格はかなりあがりますが、両方がチャンピオンなどの場合は、さらに高くなります。場合によっては、100万を超えることもあります。

『性別』を見てみると、オスよりメスの方が子供を産める、という理由から比較的高くなっています。

『年齢』を見てみると、生まれてから2ヶ月くらいまでは一定の価格を維持しますが、それを超えてくると下がってきます。しかし、ネットで探すことのできる2ヶ月未満で価格が表示されている子犬は、お金を払えばすぐに引き取ることができるものではなく、実際のところ生後2ヶ月後に引き取るための『予約』という形になります。その理由は、2ヶ月以内の引き渡しは親や兄弟から犬の社会行動を学ぶ機会がなくなり、問題行動が多くなってしまったために、2013年に『改正動物愛護管理法』という法律が改定され、どの犬も生まれてから56日目(一時的に45日もしくは49日)までは、販売することができなくなったことによります。

『購入場所』を見てみると、大体の方はペットショップから購入していると思いますが、ペットショップはブリーダーさんから犬を引き取っています。そこに利益が上乗せされるので、通常の場合はブリーダーさんから直接仕入れた方が安くなるといっても良いでしょう。

当然ながらペンブローク・ウェルシュ・コーギーは『生き物』であり『物』ではありません。テレビで見たから欲しくなった、知り合いのペンブローク・ウェルシュ・コーギーがかわいいから飼いたいなど、動機は自由ですが、引き取るからには、家族として最初から最後までお互いが幸せな人生を送れるようにしましょう。

新しく犬を飼うことを検討されている方は、ぜひ『犬を飼う前に知っておくべきこと』を読んでみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログを購読する

ご意見・ご感想

必須項目が入力されていません。
以上で送信
『ご意見・ご感想』ありがとうございました!
入力して頂いた内容は、今後の参考とさせて頂きます。今後も『いぬまとめ』をどうぞよろしくお願い致します。
いぬまとめチーム