【2015年度版】人気小型犬ランキングTOP10!

【2015年度版】人気小型犬ランキングTOP10!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『いぬまとめ』が送る『2015年度、人気小型犬ランキングTOP10』のイメージ画像

日本は他の国に比べると家が狭いこともあってか、小型犬がとても人気なのはご存知のとおりです。街を歩いていても、小型犬を散歩している人を見かけたり、井戸端会議で小型犬を抱えている女性をよく見かけます。そんな小型犬ですが、実際に人気があるのはどういった犬種なのでしょうか。

そこで、JKC(ジャパンケネルクラブ)が発表した、2014年の1月から12月に登録された犬種のデータを元に、2015年度の小型犬人気ランキングを発表したいと思います!

人気小型犬ランキングTOP10【2015年度版】の発表!

まずは、10位からいきましょう!

10位『ペンブローク・ウェルシュ・コーギー』(登録数:5,612頭)

 

イギリス王室で飼われていることでも有名ですね。とても似ている犬種の『カーディガン・ウェルシュ・コーギー』の日本の年間登録数が70頭という、「この差は一体なんなのだろう?」って感じです。知っているブリーダーの方がいれば、ぜひ御一報ください!

さて、先は長いのでどんどん行きましょう!

9位『フレンチ・ブルドッグ』(登録数:7,075頭)

フレンチ・ブルドッグの子犬が三匹こっちを見ている画像

出典:DOGMAGZ

こんなに上位に入っているのは驚きましたが、フレンチ・ブルドッグの洗練された可愛さは多くの人が認めるところでしょう!基本的におだやかな性格のうえに、他の犬種にくらべると運動がそこまで必要ではないことが、日本の家庭犬としてはプラスになっているのかもしれません。

さぁ、次は8位です!

8位『ミニチュア・シュナウザー』(登録数:7,994頭)

ミニチュア・シュナウザーの大人が三匹と子供が一匹が写っている画像

出典:Pets4Homes

 

ミニチュア・シュナウザーがこれだけ上位に入ってるのは、正直いって驚きでした。しかし、口ヒゲが可愛らしくて、とても魅力的な小型犬です。特にアメリカでは、かなりの人気があります。頭が良くて、知らない人や犬とも上手く付き合っていくフレンドリーさはポイントが高いでしょう。

7位『マルチーズ』(登録数:8,588頭)

マルチーズの赤ちゃんがカゴの中に入っている画像

出典:wallcoo.net

 

真っ白でかわいらしい小型犬です。この順位は皆さん納得のものでしょう。イタリア生まれで、ヨーロッパでは最古の愛玩犬として親しまれてきました。運動量がそこまで必要ではないことも、日本での人気を支えてるのかもしれません。今回は7位でしたが、なんと日本では16年間1位だったこともありました!これからも注目の小型犬ですね。

6位『シー・ズー』(登録数:9,371頭)

 

中国生まれの小型犬です。中国では『獅子』という架空の生物に似た生き物は、神聖な存在として扱われ、シー・ズーも『獅子』に似ていることから大切に育てられてきました。おだやかな性格も人気のポイントかもしれません!

さぁ、いよいよ首位を走る小型犬が見えてきましたね!

5位『ヨークシャー・テリア』(登録数:11,902頭)

 

『動く宝石』とも呼ばれるシルクのような毛が特徴の小型犬で、この順位も納得でしょう。意外と知られていませんが、イギリスの労働者階級の人たちがネズミを狩るために生み出しました。しかし、この小型犬を見た貴族階級の人たちは、ひとたびその姿を見ると虜になったしまったようです。トップレベルに頭が良いことで知られていることも高ポイントでしょう!

4位『ポメラニアン』!(登録数:15,596頭)

芝生にいるポメラニアンがこっちを見ている画像

出典:KETSA MOGURI

 

毛玉のようにフワフワした可愛らしい小型犬です。ヨーロッパのあらゆる上流階級の人たちを魅了してきました。ポメラニアンは、うす茶色や白というイメージですが、とてもカラーバリエーションが豊富なことでも有名です。余談ですが、沈没してしまったタイタニック号で生き延びた3匹の犬のうちの2匹もポメラニアンということもあったみたいです。

3位『ダックスフンド』!(登録数:29,368頭)

茶色いミニチュア・ダックスフンドの画像

出典:flickr

 

確かに街でよく見かけますね!足が短くて胴が長いのが、とても個性的で可愛らしい小型犬です。大きいものから順に『スタンダード』『ミニチュア』『カニンヘン』と、サイズよって呼び方が変わることでも知られています。ちなみに、胴が長い犬種は抱え方に気をつけないとすぐにヘルニアになってしまうので、気を付けてください!

2位は、ダダダダ・・・ドン!

2位『チワワ』(登録数:53,630頭)

 

あれ、1位ではないのかという印象です。よく服を着せられているのを見かけますが、子供のように可愛がってあげているということ以外に、もともと寒さに弱い犬種なので服を着せずに外に出してしまうと、すぐに体調を崩してしまうからのようですね。飼い主以外にはあまりなつかないことでも知られていますが、飼い主にたいしては絶対の愛情を注ぐこともチワワの人気を支えてる要因かもしれません。

そして、ついに今日本で1番人気がある犬種を発表します!ダダダダダダ・・・ドン!

1 位『プードル』(登録数:80,888頭)

タンポポを見つめているトイ・プードルの写真

引用:Gregory Toy

 

2位のチワワに圧倒的な差をつけてプードルの優勝ですね。ただ、プードルも『ダックスフンド』と同じように、サイズによって『スタンダード』『ミニチュア』『トイ』と呼び方が変わる犬種です。日本ではすべてのサイズが『プードル』としてカウントされているので、『スタンダード・プードル』が入っていなければ1位じゃなかったかもしれません。しかし、『ミニチュア・プードル』と『トイ・プードル』の人気はかなりのものがあるので、1位でも納得の結果でしょう。

まとめ

以上、皆さんのイメージとくらべていかがでしたか? 元になったデータのせいで、少しハッキリしないところもあって残念ですが、1位は『プードル』でした。

日本では飼いやすいこともあって小型犬が特に人気なのですが、最近は問題もあります。一部の悪意のあるブリーダーによってもともとは小さくなかった犬種も無理やり小さくさせられ、病気がちな子が増えています。これから飼おうと思っている方は、そういったプードルを増やさないようするためにも、ぜひ信頼できるブリーダーさんから譲り受けて、大切に育ててあげましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログを購読する

ご意見・ご感想

必須項目が入力されていません。
以上で送信
『ご意見・ご感想』ありがとうございました!
入力して頂いた内容は、今後の参考とさせて頂きます。今後も『いぬまとめ』をどうぞよろしくお願い致します。
いぬまとめチーム