これで準備はカンペキ!犬を飼う前に知っておくべきこと

これで準備はカンペキ!犬を飼う前に知っておくべきこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
これで準備はカンペキ!犬を飼う前に知っておくべきことまとめのアイキャッチ画像

フラッと立ち寄ったペットショップで可愛い子を見つけてしまうと、ついつい犬を飼いたくなってしまいますよね。もしくは、犬を飼うことのできる状況になって昔から飼いたかった犬を飼おうかと思っている人も多いことでしょう。いずれにしても新しい家族のことを想像するだけでワクワクしてしまいます。

しかし、いざ飼おうと思っていても、何を準備すればいいか分からず、飼った後になって「これを先に知っておきたかったな。」と思うことは、たくさんあります。しかも、そのことを教えてくれる人はなかなかいません。

そこで今回は、『犬を飼う前に知っておくべきこと』について色々とまとめてみました。この記事を読んで、新しいパートナーを迎える準備をしてみてください。人によっては、読む必要のないものもあると思うので、そういったものは読み飛ばしていってください。

犬を飼う前に考えてみて欲しいこと

まずは、耳が痛いかもしれませんが、『犬を飼う前に考えてみて欲しいこと』をまとめてみました。もし以下の中で気になることがあれば、あなたも犬も楽しい生活はできないかもしれません。そんな時は、飼いたいという気持ちを一度おさえて、その項目について一度考えてみることも良いのではないでしょうか。

衝動的に犬を飼いたいと思っていませんか?

ペットショップに立ち寄って、可愛らしい子犬を見つけた時、だいたいの人は「あの子を手元に置いておきたい!」という気持ちになります。それは、人間をはじめ動物に本能として『母性』というものがあるからです。

特に、顔が丸くて、目が大きくて、よちよちした動きをしているものには『守ってあげたくなる』という気持ちにさせられます。しかし、その気持ちだけでは犬を飼うことはできません。

他の項目にある「本当に毎日、犬のために時間を使ってあげられるのか。」「飼うための資金的な余裕があるのか。」「10年以上のあいだ責任を持って世話ができるのか。」ということを考えてみてください。

犬のことを家族が理解してくれていますか?

犬が家に来ることは、毎日あなたの家族と一緒に過ごす、つまり家族の一員になるということです。もし、あなたが散歩に連れていけなかったり、しばらく家を離れてしまうことがあった時、家族はしっかりと犬のことを見てくれるでしょうか。

犬も人間といっしょでストレスが溜まると、吠えたり、人の言うことを聞かなくなったりします。そんな時に家族が「この子はバカ犬だ!」「この子はダメな子だ!」という考え方をもってしまうと、家族と犬の心の距離は離れる一方で、犬と毎日楽しく暮らすことはできなくなってしまいます。

犬のために時間を使ってあげられますか?

当たり前ですが、犬はご飯を食べたり、トイレをしたり、運動をしたり、勉強をしたりします。しかし、自分で片付けや用意ができません。言ってしまえば、ちょっとした子どものような存在なので、いつも誰かが犬のそばにいてあげなければいけません。あなたのマンションがペット可であったとしても、一人暮らしをしていて、1日に10時間以上も家を空けることがあるのであれば、飼うことは考えた方が良いかもしれません。

犬もストレスを溜めてしまいます。運動する時間がなくなってしまうと、ストレスを発散できない犬は、あなたの留守の間に部屋をむちゃくちゃにしたり、あなたに対して冷たい態度をとるようになります。そうなってくると、犬との信頼関係をなかなか作れず、楽しい生活を送ることが難しくなるでしょう。犬のためにしっかりと時間が使えるか、もう一度よく考えてみてください。

犬を飼うための資金的な余裕はありますか?

犬を飼うために必要な資金については、後でくわしく説明しますが、月当たりにかかる費用が、1~2万程度になります。また、今では平均的に10年ほど生きるので、一生でかかる費用は、200~300万円ほどになる計算になります。

これは、基本的なことをした時の費用になるので、さらに何かあった場合には、これよりも多くなってしまいます。

例えば、あなたの犬が大きな病気にかかってしまって、治してあげたいと思った時に、手術や注射、入院の費用に数十万円から100万円ほどがかかってくることも珍しいことではありません。犬には健康保険というものがないために、高くなってしまいます。そのため、何かあったときのために犬に保険をかけておきたいという方も多くなってきました。そういったことも踏まえて、犬を飼ってもあなたや犬の負担にならないような生活が送れるか、考えてみてください。

10年以上のあいだ責任持って世話ができますか?

前の項目でもちらっと説明しましたが、犬も医学の進歩もあって10年以上生きることが当たり前の時代になりました。犬が年を取ったときは、飼いはじめの赤ちゃんのころと同じくらい、あなたやあなたの家族の力が必要になってきます。

もし飼うことができなくなった時は、他の人に譲ろうと考えているのであれば、その時まであなたやあなたの家族だけを頼りにしていた犬の気持ちを一度考えてください。

本当に自分が犬のために10年のあいだ時間を使うことができるのか、飼う前に一度考えてみましょう。

犬の飼いはじめにかかる費用

犬を飼う上でどうしても気になってくるのが、費用だと思います。犬を飼いはじめの時にかかる費用はいったいどれくらいなのでしょうか。犬の購入費以外のものをまとめてみました。それぞれの項目については、後ほど詳しく説明します。とりあえず、ここでは初期にどれくらい費用がかかるということだけを理解してもらえればと思います。

項目名 金額 備考

畜犬登録(ちくけんとうろく)

約3,000円 平均価格。自治体によって誤差あります。
狂犬病予防注射 約3,000円 平均価格。自治体によって誤差あります。
健康診断 約3,000円 平均価格。病院によって誤差あります。
混合ワクチン 約15,000円 平均価格。何種打つかによっても変化する。
生活用品 約30,000円 基本的な生活用品を揃えた場合の平均価格
合計 約54,000円  

犬を飼っていると毎月かかる費用

次に犬を飼っていると毎月かかる費用をまとめてみました。これが、10年以上かってくることが普通なので、後ほど紹介する臨時の費用と合わせると犬の一生でだいたい250万から350万がかかってきます。

また犬を飼う前だと『フィラリア』についてあまり良く知らないという方が多いと思います。とても大事なことなので、ぜひコチラを読んでみてください。

項目名 金額 備考
食費 約3,000円 一般的なドッグフードの場合
おやつ 約2,000円 一般的なおやつの場合
ペットシーツ 約2,000円 特に無し
おもちゃ 約1,000円 特に無し
トリミング 約5,000円 トリミングが必要な犬の種類とそうじゃない犬の種類によってかなりの差があります
フィラリア対策 約1,000円 特に無し
合計 約14,000円  

臨時でかかる費用

犬は生き物なので、当然予想外のことが起こります。そうなると、臨時でかかってくる費用もあります。飼いはじめのころであれば、避妊手術や飼い主の連絡先を保存したマイクロチップを埋め込むことがあるかもしれません。また、病気になれば治療費がかかってきます。他にも、どこかにお出かけするとなると、ペットホテルに預けることもあるかもしれません。そういった、臨時でかかってくる費用を以下にまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

病気になったときの治療費用

ミックスではない通常の犬の種類は、近い姿をした犬同士で子どもを生ませるために、犬の種類ごとにかかりやすい病気というものが、存在しています。あらかじめ、知っておくと対策ができるので、自分が飼う予定の犬がどのような遺伝による病気を持つ可能性があるか調べておきましょう。

いくつかの犬の種類ごとにかかりやすい病気をまとめているので、気になる方はぜひ以下のリンクを参考にしてみてください。

また犬の種類ごとではなく、病気ごとにもかかりやすい犬の種類をリストアップしているので、気になる方はぜひコチラを参考にしてみてください。

犬の探し方

ここまで理解ができていれば、あとは新しい家族を探しはじめましょう。一番知られているのはペットショップですが、実はその他にも犬を探す方法はいろいろとあります。説明が長くなるために、コチラでそれぞれのメリットやデメリット、また注意点をまとめてみましたので、新しい家族を探すときにはぜひ参考にしてみてください。

犬を迎えるための道具

犬を迎えるための道具は、トイレのためのペットシートはもちろんのこと、食事のための器やドックフード、歯ブラシやトリミングのためのブラシなどシーンによって種類がたくさんあるので、別途コチラで紹介しています。どんなものが必要になるのか気になる方は、ぜひチェックしてみてください。

犬を飼ってすぐにしないといけないこと

犬の飼いはじめにかかる費用のところでリストアップした項目は、犬を飼ってすぐにしないといけないことです。それぞれ詳しくまとめてみましたので、飼ったあとにスムーズに手配できるように、ぜひ以下のことを覚えておきましょう。

畜犬登録(ちくけんとうろく)

犬が生まれてから91日以上経っている犬を飼いはじめた人は、まずは狂犬病の予防注射をしてから、その後30日以内に『畜犬登録(ちくけんとうろく)』をすることが、『狂犬病予防法』という法律で義務付けられています。もし、犬が生まれてから90日経っていなければ、90日を過ぎてから予防注射をしたうえで、30日以内に畜犬登録をしましょう。

『畜犬登録』ができる場所は、大きく分けて以下3つになります。

  • 住んでいる市区町村の役所で登録する。
  • 狂犬病予防注射の会場で注射と一緒に登録する。
  • 動物病院で狂犬病予防注射と一緒に登録する。

『いぬまとめ』では、このうち『狂犬病予防注射の会場で注射と一緒に登録する。』をオススメしています。狂犬病の予防注射をしてから30日以内に『畜犬登録』をする必要があるので、同時にできてしまうのが便利だからという理由です。

『畜犬登録』が無事に終わると、以下のものがもらえます。

  • 鑑札(かんさつ)
  • 注射済票
  • 犬ステッカー

それぞれ詳しく説明していきます。

『鑑札(かんさつ)』は首輪につける必要があります。つけていない人もとても多いですが、付けていると迷子になって保健所に届けられたとしても、無断で処分されることはありません。しかも、登録している連絡先まで連絡までしてくれます。邪魔にならないように工夫をしながら、ぜひ付けておきましょう。直接首輪に付けるのもいいですが、Amazonでも首輪につけられる鑑札入れを売っているので、こういった商品を使ってみてもいいかもしれません。

ちなみに鑑札のデザインは自治体によって色々あって面白いので、気になる方は各自治体のデザインをいろいろ見てみましょう。

犬の鑑札、注射済票について | 厚生労働省

『注射済票(ちゅうしゃずみひょう)』とは、飼い主が毎年義務付けられている狂犬病の予防注射をちゃんとしましたという証です。これも、『鑑札』と一緒に首輪につけておく必要があります。

『犬ステッカー』は、よく玄関などで見ることのできる『犬』というシールです。自治体によっては、単なる『犬』ではなく、かわらしいデザインをしているところもあります。犬ステッカーは、自治体によって貼ることが義務付けられている場合があるので自分の住んでいるところがどちらなのか、一度確認しておきましょう。

もし犬を連れて引っ越すときは、『鑑札』と『注射済票』をもって自治体に行ってください。犬の一生に一度だけ畜犬登録をしてしまえば、変更をするだけなので、追加の費用はかかってきません

狂犬病(きょうけんびょう)の予防注射

『狂犬病(きょうけんびょう)』という病気があります。すべての哺乳類が感染する可能性があり、発症してしまうとほぼ確実に死んでしまうため、もっとも良い方法は予防するしかありません。世界でも毎年5万人以上の人たちの命を奪っています。人に対しては、主に犬から感染することが多く、日本では1950年に作られた『狂犬病予防法』によって狂犬病の予防注射を義務付けられてからは、1件も発生していません。

しかし、だからといって国内で感染が起こらないとは限りません。しかも、先ほど紹介した『狂犬病予防法』によって、狂犬病の注射は義務付けられているので、飼い主の責任として狂犬病注射は受けるようにしてください。ちなみに以下のいずれかに違反した場合は、20万円以下の科料が課せられます。

  • 犬を取得した日から30日以内に、その犬の所在地を管轄する市町村に登録の申請をし、鑑札の交付を受けること
  • 犬の所在地の移動があった場合、届け出ること
  • 毎年1回、4月から6月までに狂犬病予防注射を受け、注射済票の交付を受けること
  • 鑑札や注射済票を犬に付けること

実際に違反をして科料を取られたという人はほとんど聞くことはありませんが、自転車の交通規則のように、今後取り締まりが強化される可能性はあります。

健康診断

飼う前に人に丁寧に説明してもらえる訳ではないので『健康診断』を受ける必要性が分からない方も多くいると思います。そこで、健康診断について簡単に説明したいと思います。

まず、何のために健康診断を受けるのかというと、もちろんあなたの目では分からない病気や病気の可能性を見つけるためにします。実際にペットショップで購入してからすぐに健康診断をしたところ、すでに感染症にかかっていて死んでしまったということも少なくないですし、症状がはっきりと現れたときにはもう助かる見込みがないという病気もたくさんあります。

健康診断で見つかりやすいものと見つかりにくいものがあるので、すべての病気に対応できる訳ではありませんが、健康診断は、そういった病気をいち早くみつけて治療をしたり、今後の進行を遅らせることができることを知っておいてください。

健康診断の具体的な内容としては、主に以下のようなものになります。

  • 問診
  • 基本測定
  • 尿検査
  • 糞便検査
  • 血液検査
  • 心電図検査
  • レントゲン検査
  • 超音波検査

期間としては、半日ほどを預かってもらうような形になります。費用としては、病院や健康診断の内容によっても異なりますが、だいたい5,000~15,000円が一般的です。特別高いという訳でもないので、病気が進行して結果的に100万ほどかかる手術があることを考えると、保険という意味でも年に1回の健康診断は受けるようすることをオススメします。

混合ワクチン接種

混合ワクチンについても必要性を説明してもらう機会が少ないので、なるべく分かりやすいように説明していきたいと思います。

感染症の中には、ワクチンを接種せずに感染してしまうと命に関わるものがあります。例えば、風邪のような症状が出たあとに死んでしまう可能性がある『犬ジステンバー感染症』や、非常に感染力が強く感染するとショックで急死する可能性がある『パルボウイルス感染症』などがあります。『ワクチン』とは、こういった感染症に対する防御システムを犬の体の中に作ってあげるために、感染しないほどに弱めた病気の元を入れることを言います。

ワクチン接種の時期としては、生まれてから2ヶ月くらいで1度目のワクチンを接種し、続けて1ヶ月ごとに2~3回を打つのが一般的です。また『混合ワクチン』という名前の通り、弱めた病気の元をいくつか入れます。一般的には、5~9種類のほどになります。どれがいいかという話は、どれくらい保険をかけておくかという話になりますが、獣医さんから必要性をよく説明してもらったうえで決めるのが良いでしょう。

また深刻な病気を防いでくれる一方で、混合ワクチン自体にも副作用があります。具体的には、『発疹(ほっしん)』が出て顔が腫れてしまったり、下痢をしてしまうことがあります。また、まれにしか起こらないのですが、特に気をつけるべきものとしてワクチンに対して体を守るシステムが過剰に反応してしまう『アナフィラキシーショック』があります。ワクチン接種をしてからすぐに症状が現れるので、異変があった場合は獣医さんによりただちに対処をしないと命に関わる事態になります。

費用としては、病院や何種類の混合ワクチンを接種するかによっても変わってきますが、だいたい3,000~10,000円くらいになります。この金額をケチってしまうと、感染症になってから大きな金額を払うことになる可能性もあるので、何種類打つかは、獣医さんと相談のうえで決めてください。

犬のワクチンについては、さらにコチラで詳しく説明しているので、気になる方はぜひ参考にしてみてください。

犬を飼いはじめに検討すること

最近では、犬を飼いはじめてすぐに避妊手術をしたり、マイクロチップを埋め込むことが多くなってきました。あまり説明を受けることもないので知らない方も多くいます。そこで、それぞれのメリットやデメリットについてまとめてみましたので、以下をみながら一度自分の犬について考えてみましょう。

オスの避妊手術をする

もし、飼っている犬に子どもを生ませる予定がなくても、他の犬と交流できるところで少し目を話した隙に、妊娠してしまっていたということもあります。そういったことを防ぐために、『去勢手術(きょせいしゅじゅつ)』をすることも検討しましょう。

オスはメスの避妊手術と違って手術の方法が、ひとつしかありません『睾丸摘出術(こうがんてきしゅつじゅつ)』と呼ばれている方法です。

手術をする時期としては、何歳だったとしても問題はありませんが、なるべく去勢手術によるメリットを受けたいのであれば、はじめてのヒート(発情)を迎える前が良いとされています。時期としては、生まれてから半年から1年ほどになります。具体的なタイミングについては、犬を飼いはじめたときに避妊手術を考えていることを伝えるとスムーズに進めることができるでしょう。また、手術はメスの場合と違って日帰りをすることも可能です。

また睾丸が生まれたときにあった腹腔(ふくくう)とよばれる場所から降りてくるとヒート(発情)の準備がととのったことになりますが、たまに降りてこないことがあります。この状態は、『停留睾丸(ていりゅうこうがん)』と呼ばれており、そのまま放置しておくと腫瘍(しゅよう)になる確率が通常のときに比べはるかに高くなります。また、腫瘍による症状が出たときには、すでに手遅れで助からない確率が高いので、発見した時点で手術を受けることをオススメします。

費用としては、病院や手術方法、また犬の大きさによっても変わりますが、だいたい1~4万円ほどになります。地域によっては、避妊手術に対して補助金を出しているところがあるので、自分の地域がそういった取り組みをしているかどうか、狂犬病の注射の時にでも獣医さんに確認してみてください。

改めてオス犬の避妊手術のメリットとデメリットを整理したいと思います。

まず、メリットです。

  • 予想外の妊娠を避けることができる
  • マーキングの頻度が少なくなる
  • 前立腺肥大症(ぜんりつせんひだいしょう)を防げる
  • 肛門周囲腺腫(こうもんしゅういせんしゅ)を防げる
  • 人間や他の犬に対する攻撃性を抑えることができる

続いてデメリットです。

  • 繁殖させたくなっても元に戻すことができない
  • 全身麻酔をするため命にかかわることがある
  • 太りやすくなる

以上を踏まえて、去勢手術をするべきか考えてみてください。

メスの避妊手術をする

もし、飼っている犬に子どもを生ませる予定がなくても、他の犬と交流できるところで少し目を話した隙に、妊娠してしまっていたということもあります。そういったことを防ぐために、『避妊手術(ひにんしゅじゅつ)』をすることも検討しましょう。病院によっておもに3つの方法で避妊手術が行われます。どの方法で行うのか、あらかじめ獣医さんに確認しておいた方が良いでしょう。

ひとつは多くの獣医さんがやっている方法で『卵巣子宮摘出術(らんそうしきゅうてきしゅつじゅつ)』と呼ばれています。その名前のとおり卵巣と子宮を取り除きます。子宮を取り除くために、発情はありません。もうひとつは『卵巣摘出術(らんそうてきしゅつじゅつ)』で、こちらは子宮を取りのぞきません。そのため、発情はありますし、避妊手術をするメリットである子宮蓄膿症(しきゅうちくのうしょう)の可能性はなくなりません。

手術をする時期としては、犬が生まれてから6~7ヶ月後に最初の生理がやってくるので、その1~2ヶ月前、もしくは1~2ヶ月後がよく行われているタイミングです。獣医さんによっては、最初のヒートから1年後が良いと考える人もいます。具体的なタイミングについては、犬を飼いはじめたときに避妊手術を考えていることを伝えるとスムーズに進めることができるでしょう。また、手術をすると1~2日は入院をする必要があります。

費用としては、病院や手術方法、また犬の大きさによっても変わりますが、だいたい3~6万円ほどになります。地域によっては、避妊手術に対して補助金を出しているところがあるので、自分の地域がそういった取り組みをしているかどうがか、あからじめ確認しておきましょう。

改めてメス犬の避妊手術のメリットとデメリットを整理したいと思います。

まず、メリットです。

  • 予想外の妊娠を避けることができる
  • 子宮蓄膿症(しきゅうちくのうしょう)をはじめとする子宮の病気を防げる
  • 乳腺腫瘍(にゅうせんしゅよう)を防げる
  • 卵巣腫瘍(らんそうしゅよう)をはじめとする卵巣の病気を防げる
  • 性的な欲求不満からくる行動を抑えられる

続いてデメリットです。

  • 繁殖させたくなっても元に戻すことができない
  • 全身麻酔をするため命にかかわることがある
  • 太りやすくなる

以上を踏まえて、避妊手術をするべきか考えてみてください。

マイクロチップを埋め込む

『マイクロチップ』とは、犬の首の後ろなどに埋め込む米粒ほどの機械のことを言います。マイクロチップには、15桁ほどの番号が入っており、この番号を読み取ることにより登録している住所や連絡先を表示できるというものです。マイクロチップは、動物病院で埋め込むことができます。また、チップを埋め込んでもデータを登録しないと意味がないので、獣医さんにしたがって忘れずに登録作業をしてください。登録作業には、別途1,000円が必要となりますが埋め込み費用と合わせても、だいたい4,000~8,000円程度になります。

ここ最近、特に『マイクロチップ』を埋め込む人の数は増えてきました。一般に知られるようになってきたこともありますが、東日本大震災の時にマイクロチップを埋め込んでいた犬は飼い主がすぐに見つかりましたが、埋め込んでいなかった犬は飼い主がなかなか見つからなかったということが影響しているようです。日本では義務化がされている訳ではありませんが、フランスやシンガポールが義務化に踏み切ったりと世界的にみると義務化の傾向にあります。最近では、2016年にイギリスがマイクロチップを埋め込みを義務化しました。

ここで『マイクロチップ』について、メリットとデメリットを整理していきたいと思います。

まずはメリットです。

  • 首輪が取れても持ち主が分かる
  • 盗難時にあなたの家族であることの証明となる
  • 犬との海外旅行で行ける範囲が広がる

続いてデメリットです。

  • 埋め込む時に痛みが出る
  • MRIなどでマイクロチップ周辺の映像がゆがむ可能性がある

また、デメリットではないのですが、日本のすべての警察署にマイクロチップの読み取り機があるわけではないので、マイクロチップを埋めていてもすぐに見つからないことがあることも知っておいてください。

最後に

以上、『犬を飼う前に知っておくべきこと』でした。

とても長くなってしまいしたが、これさえ知っていれば、あとになって「最初に教えて欲しかった!」ということも大分なくなったかと思います。

他にも「こんな事を知っておきたかった!」ということがあれば、お気軽に『いぬまとめ』までご連絡ください。これからも、わたしたちはあなたと犬の生活を少しでも力になれるように頑張ってまいります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログを購読する

ご意見・ご感想

必須項目が入力されていません。
以上で送信
『ご意見・ご感想』ありがとうございました!
入力して頂いた内容は、今後の参考とさせて頂きます。今後も『いぬまとめ』をどうぞよろしくお願い致します。
いぬまとめチーム