これで『柴犬(しばいぬ)』のすべてが分かる!歴史・性格・大きさ・寿命・毛・価格

これで『柴犬(しばいぬ)』のすべてが分かる!歴史・性格・大きさ・寿命・毛・価格

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
これで柴犬(しばいぬ)の全てが分かるアイキャッチ画像

柴犬はよく『しばけん』と呼ばれており、それでも通じますが、正しい読み方は『しばいぬ』となります。柴犬に関するさまざまな情報をまとめてみましたので、気になるカテゴリをクリックしてみてください。

柴犬の歴史

柴犬は、日本人とともにキジやネズミを狩るパートナーとして歩んできました。日本の犬らしく、高温多湿の日本の気候にとても強い犬種です。

柴犬はよく丸っこい顔をした『たぬき顔』とほっそりした『きつね顔』がいると言われています。実はこの2種類は違うルーツを持っており。日本で犬の種類の標準を決めている『JKC(ジャパン・ケネル・クラブ)』では『たぬき顔』を推奨する柴犬としています。一方で、昔からの柴犬を守っていこうという『天然記念物柴犬保存会』や『柴犬研究会』といったコミュニティも存在しています。

あまり吠えないことも特徴のひとつで、最近ではその大人しさから海外でも人気が高まってきており、世界の『Shiba』になってきました。

柴犬の性格

頭が良く、勇気があり飼い主にとても忠実な性格です。警戒心が強いことから、他の人や犬とはあまり仲良くしないので、番犬としてもピッタリです。しかし、無駄に吠えることはあまりない犬種でもあります。もし、無駄吠えが目立つときは、コチラで無駄吠えの直し方を解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

柴犬は警戒心が強いですが、その警戒心がトラブルを起こすこともよくあるので、しっかりとしたしつけが必要となります。しつけで分からないことがあれば、このサイトでも色々と解説をしていくので、ぜひ参考にしてみてください。

柴犬の大きさ

柴犬は、日本犬の中でただひとつの小型犬になります。足の裏から頭のてっぺんまでの高さは、オスだと約40cm程度、メスだと35cm程度になります。体重としては、オスとメスともに約12kgが目安となっています。重すぎたり軽すぎる場合には、体調に気をつけてあげてください。

特に体の小さい柴犬のことを『豆柴(まめしば)』と呼ぶことがあります。そういった名前で取り引きされている場合もありますが、正式に『豆柴(まめしば)』という犬の種類は存在しないので、そういった口実で売りに出しているブリーダーや業者には少し注意してください。

また、柴犬以外の小型犬が気になる方は、コチラから探してみてください。

柴犬の運動量

柴犬は、狩りのパートナーとして活躍していたこともあり、とても運動量の多い犬種です。毎日の運動量が不足してしまうと、ストレスが溜まり、無駄吠えをしたり、言うことを聞かなくなることにつながってしまいます。

柴犬の場合、できれば毎日2回は散歩に連れていってあげてください。もしそれが難しい場合は、1回を長く散歩してあげましょう。散歩の目安ですが、普段からはしゃいでヤンチャをするようであれば、今よりも散歩量を長くしてあげましょう。逆にグタッとしていることが多ければ、運動量が多いのかもしれません。そのバランスを見きわめて、少しでも健康を維持して長生きをさせてあげてください。

また散歩は、運動量を消化するだけではなく社会への繋がりであったり、あなたとの大事なコミュニケーションの時間にもなります。トラブルを防いだり、あなたとの信頼関係を築くことにより、言うことも聞きやすくなるので、そういった意味でも大切にしてあげてください。

散歩の仕方についてはコチラが参考になると思うので、ぜひ参考にしてみてください。

柴犬の毛

毛の色は多いものから順番に、『赤』『黒』『白』『胡麻』があります。特に多いのは、『赤色』で全体の8割はこの色になります。次に多いのが『黒』で全体の1割を占めます。『白』はとてもめずらしく『白柴』と呼ばれます。(ちなみに、ソフトバンクのCMで有名なお父さんが白柴という話しがありますが、実際は『北海道犬』という犬であり、白柴ではありません。)『胡麻』に関しては、『赤』『黒』『白』が混ざり合ったものをいいますが、全体的に何の色かによって『赤胡麻』『黒胡麻』に別れます。

毛の質は、固くてボサボサしている少し長めの毛とやわらかくフワフワしている短い毛を持っており、こういった2つの毛質を同時に持つことを『ダブルコート』と呼びます。

毛の手入れの方法について、柴犬は普段から毛の手入れが必要な犬種です。春から夏にかけてと秋から冬にかけて毛が生え変わり、体にモコモコとした『綿毛』が発生します。特に柴犬の場合は、しっかりとブラッシングしてあげないと『熱中症』や『皮膚病』などの病気につながり、命にも関わることもあります。柴犬を家族に迎え入れるときには、小さいころからのブラッシングで慣れさせることも大事なので、ぜひ以下のブラシを用意してあげてください。それぞれ、Amazonで一番人気があるであろうものを探しておいたので、これを機に揃えてみるのも良いかと思います。

ラバーブラシ

抜け毛をおおざっぱに取ることができるので、ブラッシングの一番最初に使ってあげると後の作業が効率よくできます。マッサージとしての役割も果たすので、気持ちの良い顔を見せてくれます。

コームブラシ

普段のブラッシングに使うと、いざというときにスムーズにブラッシングすることができます。スリッカーブラシと同時に使うことで、さらに効率よくブラッシングをすることができます。またブラッシングの最後の仕上げにも使うことがあり、何かと役に立つ一本なのでぜひ揃えておきましょう。

スリッカーブラシ

引っかいて皮膚にキズをつけないように、優しく持ってなでてあげるようにブラッシングしてあげてください。大量に毛がたまりますので、たまったらコームブラシで剥ぎとってゴミ箱に捨ててください。

ファーミネーター

コームブラシやスリッカーブラシでは、柴犬のアンダーコートであるフワフワの毛を手入れすることが難しいこともあるので、そういった場合はファーミネーターを使ってあげることでアンダーコートも効率よく手入れすることができます。ファーミネーターはクシの先に刃がついており、抜け毛以外の毛も刈り取ることができます。毛を際限なく抜いてしまうので、ある程度キレイになったところで使うのを止めてください。とても便利なものですが、毛の短いところにはキズ付く恐れがあるので使わないようにしましょう。

シャンプー・お風呂について、柴犬は月に1回程度が一番いいと言われています。それよりも少なすぎると不潔になってしまい病気の可能性が高くなり、逆に多すぎると皮膚を痛めてしまいます。シャンプー・お風呂の入れ方については、コチラで詳しく説明しておりますので、ぜひ一度読んでみてください。

柴犬の寿命

柴犬の平均寿命は、12歳から15歳と言われています。純粋な柴犬ではありませんが、長寿犬としてギネス記録を持っている26歳まで生きた柴犬とミックス犬の雑種が存在していました。詳しいことは分かっていませんが、一般的には外で育てるよりも室内で育てるほうが長生きすると言われています。

犬の年齢についてもっと詳しく知りたい方はコチラに犬年齢計算機を用意しましたので、ぜひ一度調べてみてください。

柴犬がかかりやすい病気

犬種というものは、ミックス犬(雑種)とは違い、同じ犬種同士の子供が生まれるので、かかり易い病気が決まってきます。柴犬は、他の犬種よりも丈夫だと言われていますが、それでもかかり易い病気があるので抑えておきましょう。

さまざまな要因で発症する『アトピー性皮膚炎』があります。ほかには、人間とおなじような『食物アレルギー』に、ひざのお皿と言われている骨が脱臼してしまう『膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)』、かるい咳が連続で出たら可能性が高い『僧帽弁閉鎖不全(そうほうべんへいさふぜん)』、股の骨が本来の形にならずに歩き方に異常がでてくる『股関節形成不全(こかんせつけいせいふぜん)』、耳の皮膚がただれてしまう『外耳炎』に、目が白くにごる『白内障』や、涙が止まらなくなる『角膜炎』などがあります。

それぞれの病気の対処方法については、別カテゴリで追ってまとめていきたいと思います。

柴犬の引き取り価格

引き取り価格は、柴犬の繁殖の時期によって変動します。一番安く家族に迎えられるタイミングは、11月から2月の間になります。逆に一番高くなってしまうのは、だいたい3月から5月の間になります。

毛の色でも引き取り価格は変わります。一般的に『赤』が一番低く、だいたい8万円から20万円の間となっています。その他の『黒』『白』『胡麻』は、『赤』とくらべると少し高くなっており、だいたい10万円から20万円で取り引きされています。

当然ながら柴犬は『生き物』であり『物』ではありません。テレビで見たから欲しくなった、知り合いの柴犬がかわいいから飼いたいなど、動機は自由ですが、引き取るからには家族として最初から最後までお互いが幸せな人生を送れるようにしましょう!

新しく犬を飼うことを検討されている方は、ぜひ『犬を飼う前に知っておくべきこと』を読んでみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログを購読する

ご意見・ご感想

必須項目が入力されていません。
以上で送信
『ご意見・ご感想』ありがとうございました!
入力して頂いた内容は、今後の参考とさせて頂きます。今後も『いぬまとめ』をどうぞよろしくお願い致します。
いぬまとめチーム