短期間でマスターできる!犬の待てのしつけ方

短期間でマスターできる!犬の待てのしつけ方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
短期間でマスターできる!犬の『マテ』のしつけ方のアイキャッチ画像

わんちゃんを好きに動きまわらせたいけれども、たまにはじっとしていて欲しい時がある。犬を飼っていれば、みなさんそういう時があるかと思います。

そんな時にお座り伏せと一緒に、わんちゃんができていると嬉しいのが『待て』です。そこで、今回は『待て』が短時間でできてしまう方法を紹介します。

『待て』が必要な理由

さっそく『待て』のしつけ方を説明する前に、なぜ『待て』が必要なのか考えてみたいと思います。

じっとしてもらうため

家にお客さんが来たときに走り回ったりしてしまう。また散歩で信号を待っているときに道路に飛び出しそうで怖いので、なるべくじっとしていて欲しいということがあると思います。そのためにも『待て』は重要なしつけになってきます。

しつけの時の大事なこと

『待て』を教えるときに大事なことをまとめてみました。以下の点はしっかりと抑えておいて、次の実際に教える方法を読んでみてください。

言葉を1つに絞る

褒めるときの『いい子』や『お利口』と言った言葉を、いろんな言葉を使うのではなく自分や家族で、どれか1つに絞ってください。

この時に注意したいのは、良いことをした時にとっさに使ってしまう言葉は避けた方がいいということです。

例えば、ついつい使ってしまう人が多い『良し』と言った言葉は『待て』を解除するときにも使う言葉なので、犬が混乱してしまいます。また、間違ったことをしたときの『違う』や『ダメ』といった言葉も同じです。

『ごほうび(おやつ)』を用意する

おやつをあげると、おやつがないと言うことを聞かないと言う方もいますが、それは間違いです。

犬が思った通りの行動をしたときに『ごほうび(おやつ)』をあげるのを最初のうちは毎回与えて、だんだんと与える頻度を下げていきます。そうすると最終的には、『ごほうび(おやつ)』をあげる必要がなくなります。

また『ごほうび(おやつ)』をあげるうえで注意したい条件がいくつかあります。

  1. 犬が喜んで食べたくなるものを選ぶ
  2. カロリーが低いものを選ぶ
  3. あげるときは小さくして

特にカロリーの与え過ぎは、犬の健康にダイレクトに影響してくるので気にするようにしておきましょう。

1日10分で根気よく続ける

人間と同じように犬にも集中力があります。よく言われてるのは、1日に10分程度のしつけの時間で十分ということです。1回で長い時間をしすぎたり、毎日何回もしつけをしていると犬は、覚えることがイヤになってしまいます。

また覚えておいておきたいのは、犬は1回であなたの言うことが分かるわけではないということです。あなたの言いたいことを少しづつ分かってもらうために、焦らず根気よく続けましょう。

しつけの場所を変える

毎回同じところでしつけをしていると、他の場所で言うことを聞いてくれない子になることがあります。そのため、しつけをするときは前回とは違った場所で教えるようにしてください。

『待て』をしつける方法

さて、前置きが長くなってしまいましたが、いよいよ『待て』のしつけ方を説明していきたいと思います。

ステップ1:犬を座らせる

まずは『待て』を教えやすくするために、わんちゃんに『お座り』をさせましょう。できない子は、コチラで『お座り』を短時間にマスターできる方法を教えているので、『待て』をしつける前に覚えさせてください。

ステップ2:『ごほうび(おやつ)』を目の前に持っていき『待て』という

犬を座らせたら『ごほうび(おやつ)』を目の前に持って行き『待て』と言いましょう。

ステップ3:『ごほうび(おやつ)』を食べさせないようにする

はじめのうちは犬が『ごほうび(おやつ)』飛びついてきますが、手を引いたりして何とか2秒間食べさせないようにしてください。2秒間食べなければ、いつも使っている言葉で褒めながら持っている『ごほうび(おやつ)』を与えてください。

ステップ4:繰り返す

あとは、ステップ2と3を繰り返してあげるだけです。この時に、だんだんと待たせる時間を伸ばしていきましょう。そして、ある程度待つようになったところで『ごほうび(おやつ)』を目の前において『待て』と指示してから、後ろに下がっていきましょう。これを繰り返していくと、しっかりと待てる子にになっていきます。

ここまでの流れを一部説明した動画があるので参考までにご紹介したいと思います。

しつけの時にやってはいけないこと

『待て』を教えるときにやってはいけないことを抑えておきましょう。今までやってしまっていた方は、以下のことはやらないようにしてください。

叩く・怒鳴る

犬を叩いたり怒鳴ったりすることは絶対にやってはいけません。一番大事な犬との信頼関係が崩れてしまい、さまざまなしつけをはじめとする、コミュニケーションが取れなくなってしまいます。 

マズルを抑えて睨みつける

マズルコントロールとして、よく紹介されている方法です。しかし、専門家のなかでも否定的な意見が数多くあるため、『いぬまとめ』ではオススメしていません。

方法を間違えると、叱るとき以外のコミュニケーションにも目を合わせなくなってしまったり、コチラで紹介しているように歯磨きのときに口を触らせてくれなかったりと、他のしつけがしにくくなってしまう可能性があります。

最後に

以上、『待て』の教え方はいかがだったでしょうか。

何か不明な点や、質問があればいつでも『いぬまとめ』までご連絡ください。今後とも、あなたと犬とのより良い関係のために頑張っていきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログを購読する

ご意見・ご感想

必須項目が入力されていません。
以上で送信
『ご意見・ご感想』ありがとうございました!
入力して頂いた内容は、今後の参考とさせて頂きます。今後も『いぬまとめ』をどうぞよろしくお願い致します。
いぬまとめチーム