これでもう失敗しない!犬のトイレトレーニング

これでもう失敗しない!犬のトイレトレーニング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
これでもう失敗しない!犬のトイレトレーニング

何度教えても失敗してしまうわんちゃんのトイレ。多くの人が、犬を飼い始めてぶつかってしまう最初の壁なんだとか。このように、わんちゃんのトイレトレーニングに悩まされる人は、すべての飼い主さんといっても過言ではないはずです。犬のトレーニングのコツは、根気よく続けることが大切です。効果的な方法でトレーニングをしてあげれば、あれだけ悩まされていたトイレがすんなりと「できた!」なんてことも。そして、子犬と成犬ではトイレトレーニングの方法は全く別の方法なのです。

そこで、今回は犬のトイレトレーニングのポイントや効果的な方法を、子犬と成犬に分けて紹介したいと思います。

子犬編

わんちゃんが来る日までにトイレを用意しよう

わんちゃんは環境の変化にナイーブです。慣れない新しい環境に戸惑ってしまうのは、人間と同じですね。初めてわんちゃんをお家に迎えた時は、わんちゃんがこれ以上に環境の変化に戸惑わないよう、わんちゃんのおうち(ケージ)を用意しましょう。中でも、わんちゃんのおうちの中にトイレを用意することはとても重要です。この理由は、おうちにきた時から、わんちゃんがトイレに対しての不信感や苦手意識を持たせないためです。わんちゃんの環境に初めからトイレを用意することで、トイレのしつけがスムーズに行えるようになります。まだトイレを用意していない飼い主さんには、Amazonで一番人気のある下記リンクのトイレトレーをおすすめいたします。

トイレシーツの範囲をどんどん狭くしよう

トイレを用意できればシーツをひいてあげましょう。最初はトイレの周りにも余分にペットシーツをひいてあげます。トイレシーツの面積を大きくしてあげましょう。そして『トイレシーツの上でトイレをする』ということを認識させてあげましょう。トイレシーツの上でトイレができたときは、真っ先に褒めてあげましょう。この時に、おやつを与えると効果的です。幼犬の場合は、ペットショップに売っている幼犬用のおやつを与えてあげましょう。そうすることで、わんちゃんは『トイレシーツの上でトイレをすること=良いこと(おやつを貰える)』と、理解します。ここからがポイントです。わんちゃんがトイレシーツに慣れてきたら、トイレ周辺の余分なトイレシーツを減らしていきます。どんどんトイレシーツの範囲を狭くすることで、わんちゃんは「ここがトイレだ!」と、ピンポイントで理解することができるのです。トイレシーツをどれにしようか迷っている飼い主さんには、Amazonで一番人気のある下記リンクの簡単に消臭ができるトイレシーツをおすすめいたします。

トイレシーツはこまめに取り替えよう

わんちゃんは綺麗好きです。特に、和犬の場合は、自分の敷地を汚すことを嫌う習性があります。トイレ後は、すぐにトイレーシーツを取り替えてあげましょう。トイレシーツを取り替えないことが、トイレトレーニングがうまくいかない原因となりかねないのです。成犬の排泄は1日に2回と言われているのに対し、子犬の排泄は2〜3時間おきと言われています。具体的には、目が覚めた時や、水分を補給した後、活動後や食後などです。頻繁な排泄ですが、こまめにトイレシーツを替えてあげることで、わんちゃんは気持ちよくトイレシーツの上でトイレができるようになります。

トイレを失敗しても叱らないでおこう

実は、一番してはいけないことは、トイレの失敗を叱ってしまうことです。トイレを違う場所でした時に叱ってしまうと、わんちゃんは『トイレをする』という行為を、『してはいけないこと』と誤って認識してしまうのです。排泄自体が悪いことだと認識し、隠れてトイレをするようになったり、我慢したりするようになり、わんちゃんの体に悪影響を及ぼしてしまうことがあります。

成犬編

わんちゃんにはこれまでの”生活”があることをまず理解しよう

成犬のトイレトレーニングとなると、まず一番大切なことは、わんちゃんにはこれまでの『生活』があったということを理解してあげることです。外で排泄をすることが習慣となっているわんちゃんもいます。習慣を変えることは、これまでの『生活』があったわんちゃんにとって、とても難しいことです。わんちゃんの精神的、肉体的ストレスを起こさないためにも、まずわんちゃんのこれまでの『生活』があったことを理解してあげましょう。ですから、ゆっくり、のんびりと構えてトレーニングすることを心がけましょう。

トイレシーツに慣れさせてあげよう

これまでトイレシーツの上で排泄をしてこなかったわんちゃんにとって、トイレシーツが何か理解することは難しいと言えるでしょう。そこで、散歩中に排泄をし始めたら、付近にトイレシーツを置いてあげましょう。このことを繰り返すうちに、わんちゃんの頭の中で、『トイレはトイレシーツの上でするもの』と、理解するのです。焦らず、ゆっくりとトイレシーツに慣れさせてあげましょう。

『トイレ』という言葉を覚えさせよう

お散歩中にトイレをした瞬間、『トイレ』という言葉を発しましょう。こうすることで、『排泄=トイレ』という言葉をわんちゃんに覚えさせてあげます。ある程度、わんちゃんが『トイレ』という言葉を理解したなと感じたら、家の中で『トイレ』というワードを出してあげましょう。そして、わんちゃんがトイレをするまで待ちましょう。これを根気強く続けていくうちに、『トイレ』という言葉を発した時に実際にトイレができるようになる時が来ます。そのときは、わんちゃんにおやつをあげ、『トイレという言葉を聞いて実際にトイレをすること』は、『良いこと』であることを覚えさせてあげましょう。

このように、子犬と成犬では、効果的なトイレトレーニングの方法が異なります。お家を綺麗にしておくためにも、わんちゃんや飼い主さんのためにも、トイレトレーニングはしっかりと行いたいですね。わんちゃんが戸惑わず、お家でもトイレができるような、そんな素敵な生活を送れるようにトレーニングをしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログを購読する

ご意見・ご感想

必須項目が入力されていません。
以上で送信
『ご意見・ご感想』ありがとうございました!
入力して頂いた内容は、今後の参考とさせて頂きます。今後も『いぬまとめ』をどうぞよろしくお願い致します。
いぬまとめチーム