見て見ぬフリは大変なことに!犬の歯磨きの仕方

見て見ぬフリは大変なことに!犬の歯磨きの仕方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
歯磨きの画像

「大切な愛犬の歯磨きは、ちゃんとできていますか?」という質問に対して、どれくらいの方がハッキリと「しています!」と答えられるでしょうか。知りたいけれども、ちゃんと教わる機会がなくて困っている方が多いのが実際のところだと思います。

そこでわんちゃんの歯磨きをしないといけない理由と、具体的にどうすればいいのかをまとめてみましたので、これを機会にぜひ愛犬の歯磨きをはじめてみましょう。

そもそも犬の歯磨きをしないと、なぜマズイ?

そもそも、なぜ犬の歯磨きをしないといけないのか。理由は、犬も人間とおなじように『歯周病』と『虫歯』になってしまい、それが原因で顔に穴が空いてしまうといった非常に怖い病気などの『万病の元』になるからです。

もちろん自然界に医学というものはないので、そういう病気になってしまったら死んでしまっても仕方ないということになりますが、家族であるアナタの愛犬は、そうはいかないでしょう。

そのためにも『犬の歯磨き』で『万病の元』である『虫歯』と『歯周病』を防ぎ、愛犬を少しでも長生きさせてあげましょう。

犬の歯磨きを始める時期は

犬の乳歯(にゅうし)は、だいたい生まれてから2ヶ月後くらいには生えそろいます。この頃から歯磨きを始めると、歯の状態を常にチェックすることができるので、最も良いタイミングと言えるでしょう。

しかし、歳を取ってから遅いということは全くありません。まずは、すでに歯周病や虫歯が進行してないかどうかなどを獣医さんにチェックしてもらい、獣医さんの指示や、この記事の内容を参考にしながら、わんちゃんの歯を健康に保っていってください。

犬用の歯磨きガムって効果あるの?

ペットショップなどで犬に与えるだけで歯磨き効果があるというおやつを見かけたことがあると思います。例えば、Amazonで人気の歯磨きガムはこのようなものです。

さて、こういった商品は効果があるのか?という質問に対して、どっちつかずになってしまいますが、答えはイエスでもありノーでもあります。その理由としては、犬が長いあいだ噛む必要があるからです。

こういったものをあげると、すぐに飲み込んでしまうわんちゃんもいると思いますが、それでは効果がありません。飼い主さんが商品を手に持って、犬の口を持った状態で口の横から差し込んであげます。そして、左右の歯の前から奥の歯にいくように、なるべく何回も噛ませるようにしてあげましょう。わんちゃんが口を開いてくれない時は、コチラを読んでください。

また、あくまでもこういった商品は歯磨きの補助にしかなりません。この記事にまとめている犬の歯磨きの仕方をぜひ参考にしてみてください。

犬の歯磨きのための道具を揃えよう!

人が歯磨きに使うほとんどの道具は、わんちゃんに対して使うことができないと考えて間違いではありません。最悪の場合は、死ぬこともあるので、以下で紹介する道具をよく読みながら、必要となる道具を揃えてみましょう。

犬の歯ブラシ(歯磨きシート)

犬の歯を磨くときは、人と同じように歯ブラシが必要になります。細かいところまで届くように人間の使っている子供用の柔らかい歯ブラシでも問題はありません。しかし、自分の歯を磨くときと比べるとやり辛いことは間違いないでしょう。そこで、犬用の360度歯ブラシというものがあるので、これを使ってあげると効率よく歯を磨いてあげることができます。

Amazonのベストセラーとなっているものを探しておきましたので、良ければ参考にしてください。

また以下のような歯磨きシートというものも売られています。

歯の表面の部分は、歯磨きシートでもある程度はキレイにしてあげられるのですが、すき間に入りにくいので、最終的には歯ブラシで歯磨きができることを目指しましょう。

犬の歯磨き粉

犬用の歯磨き粉があるので、それを使ってあげましょう。くれぐれも人間の歯磨き粉は使わないようにしてください。特に『キシリトール』が入ったものは、絶対に使わないでください。最悪の場合、死んでしまうこともあります。その他の犬に与えたらダメなものは、コチラにまとめてあるので、気になる方は参考にしてみてください。

また、Amazonでどんな犬用の歯磨き粉でいいのか探してみたところ、以下のような商品を見つけました。

正直なところ水に入れて飲ませるだけで、なぜ歯周病が治るのか分からないので、その次に人気な商品も紹介しておきます。

ごほうび(おやつ)

歯磨きの準備のためのしつけや、歯磨きが終わったときにごほうびとしてあげるためのものです。これはいつもあげているもので大丈夫です。

また、おやつになっている乾燥した『アキレス腱』や『ヒヅメ』が売られていますが、犬の歯は人が思っている以上にモロく、歯が折れてしまうことが度々あるので、なるべく硬いものはあげないようにしましょう。

歯磨きをするために、しつけをしよう!

飼い主の方が、いざ『歯磨き』をしようと思っても、わんちゃんが簡単に歯を触らさせてくれないということはよくあります。そこで、『犬の歯磨き』を説明する前に、わんちゃんの歯を触らさせてもらうための『しつけ』について説明していきます。

ここで一番大事になってくるのは、わんちゃんに『歯磨き』をすることは楽しいことだということを覚えさせることです。先ほど紹介した『ごほうび(おやつ)』を中心に、『歯ブラシ』を使っていきます。

期間としては、最もすんなり行く子で1週間程度、長いと数ヶ月続くこともあります。愛犬の健康ためにも気負いすぎずに、根気よくチャンレンジしていきましょう。

先に一連の流れを分かりやすく説明している動画があるのでご紹介します。

ステップ1:口を触ることを慣れさせる

犬の口の周りは敏感なので、普通の場合だと犬は口を触られることを嫌がります。この状態だと歯磨きなんてとてもできる状態ではないので、まずは触ることに慣れさせましょう。

まずは、『ごほうび(おやつ)』を用意して、口の周りを少しのあいだ触ります。上手く触らせてくれたら、『ごほうび(おやつ)』をあげましょう。これを繰り返して、だんだんと触っていられる時間を長くしていきましょう。

またいつも、口元を持って叱っていると口元を触られることをとてもイヤがるので、叱るときは口元を持たないようにしましょう。

ステップ2:口に指を入れることを慣れさせる

わんちゃんが口の周りを触らせてくれるようになったら、歯や歯茎(はぐき)をマッサージするように少し触ってみましょう。これも触り終わったら、『ごほうび(おやつ)』をあげます。これを繰り返すことによって、だんだんと口の中を触れることに慣れてきます。

ステップ3:口を開けることを慣れさせる

歯の裏を磨くときに、口を開ける必要が出てきます。開けさせるときは、犬の歯の中で前の方にある尖った犬歯(けんし)の後ろ側を、人差し指と親指で抑えます。そうすると、自然に口を開いてくれます。ハードルが少し高くなりますが、これも少しでも開いたら『ごほうび(おやつ)』をあげます。これを繰り返すことによって、好きなときに口を開けてくれるようになります。

ステップ4:口に歯ブラシを入れることを慣れさせる

歯ブラシは苦手なことが多いようです。最初は、恐怖心を無くすためにも、歯ブラシを少しでも歯に当てられたら『ごほうび』をあげましょう。

犬の歯の状態をチェックしよう!

犬が歯を触らさせてくれるようになったら、歯の状態をチェックしてみましょう。健康であれば、口臭がほとんど無く、歯もキレイな白色をしています。

しかし、以下のような状態であれば、すでに歯周病や虫歯、その他の重大な病気の可能性があります。

  • 息が臭い
  • 歯が黄色い
  • 歯がぐらぐらする
  • 口の中から出血している
  • 口の中が腫れている
  • 口の中が青紫色になる

少しでもおかしいなと思ったら、かかりつけの獣医さんに相談してみてください。歯石がかなり付いている場合は、命の危険もある全身麻酔をして歯石の除去作業をしないといけない可能性もでてきます。そうならないためにも、普段からの歯のケアはとても大事になります。

いよいよ犬の歯を磨いてみよう!

さて、チェックが終わって口が臭かったり、歯が黄色い場合は、歯周病や虫歯の可能性が高いので歯磨きはかならず必要となります。

また、キレイな白い歯だったとしても今後口の中の病気になる可能性はとても高いので、大変なことになってしまう前に、以下を参考にしながら歯磨きを習慣づけましょう。

基本的な犬の歯磨きの仕方

まずは、犬用の歯ブラシに歯磨き粉をつけます。歯磨きシートの場合は、歯磨きシートを指に巻きつけてください。次に、歯と歯茎(はぐき)にしっかりと当たるように、斜め45度の角度で歯ブラシを当ててあげましょう。その状態で、前後に1本1本をブラッシングしていきます。

歯を磨くまでの準備は、大変なものがありますが、歯磨き自体はそこまで難しいことではありません。

犬の歯磨きの頻度はどれくらいがいいのか

歯磨きの頻度は、毎日が理想です。3日程度で歯についた歯垢(しこう)が歯石(しせき)になってしまうので、なるべく3日以内にしましょう。とは言うものの、間隔が開いてしまうとすっかり忘れてしまうのが、人というものなので、毎週3つの曜日に歯磨きをすると決めたり、今日は右側、今日は左側と交互に毎日するのも良いかもしれません。

磨きにくい裏側をどうやって磨くか

裏側を磨くのは少し難しいかもしれません。裏側は表側よりも歯垢(しこう)が付きにくいので、無理をせずにまずは表側だけでもしっかりと歯磨きをしていきましょう。

最後に

以上『犬の歯磨き』の説明は、いかがだったでしょうか。飼い主である皆さんが、こういったことを教えてもらう機会というのは、ほとんどないと思います。ぜひとも今回の記事を参考に、わんちゃんに歯磨きをしていただければと思います。

また「他にこういったことを聞きたい!」等がございましたら、お気軽にお問い合わせください。なるべく早くご期待に応えるような記事を書いてまいります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログを購読する

ご意見・ご感想

必須項目が入力されていません。
以上で送信
『ご意見・ご感想』ありがとうございました!
入力して頂いた内容は、今後の参考とさせて頂きます。今後も『いぬまとめ』をどうぞよろしくお願い致します。
いぬまとめチーム